2018年11月18日

祝 松本山雅J1へ

もう今日は何と言ってもこの話題。
J2松本山雅、4年ぶりのJ1へ再昇格とJ2の優勝です。
長野県では今日はこの話題でもちきり、諏訪の地元紙ですら一面ですから。
そんな大事な試合なのに、昨日は長野県内で地上波放送はありませんでした。
唯一NHK BS でやっていたぐらい。

昨日の試合、アルウインには19000人のサポーターが訪れチケットは完売。
なのに、引き分けとは。
買って優勝を決めて昇格を決めろ、と思うのですが今季22試合目の無失点というのが、今年の山雅の戦い方だそうです。
らしいと言えばらしいのですが、勝つのと引き分けとでは全然ちがいますよね。
とは言っても、サポーターたちは待ちに待ったJ1への昇格ですから、溜飲が下がったことでしょう。

ただ、J1はそんなに甘くありません、4年前にコテンパンにやられましたから。
J1に居座る強豪チームは、J2から上がってきたチームなんて、屁とも思っていません。
単に勝ち点3を得られるぐらいにしか思っていないのです。

簡単ではありませんよねぇ。
前回の教訓をどれだけ生かせるか、どう戦っていくか、喜ぶのは今日だけにして対策を練らねば。
多くの選手は入れ替わるでしょう。
なにしろ今の選手は「J2の選手たち」、J1では通用しないのですね。
そのJ2の選手たちで戦っていけるほど、J1は甘くはないのです。
ボールへの一歩の差、その差がとてつもなく大きいのです。

J1では、チームとしての歴史が浅いチームは勝てません。
戦い方を知らないのですね。
今年の長崎がそう、1年でJ2へ逆戻りです。
早くも来期も続投宣言をした反町監督、その手腕が問われますよねぇ。
また1年で降格しないように祈るのみ、です。

  IMG_20181118_112039.jpg
  IMG_20181118_112153.jpg





posted by もえぎ野山荘 at 13:01| Comment(0) | 日記

2018年11月16日

魔の交差点??

諏訪インターからビーナスラインへ入る途中に、やすらぎ橋という橋を渡ります。
その橋のたもとに交差点があるのですが、そこの南西角に毎年車がぶつかっているのですね。
鉄製の支柱が折れ曲がっているのですよ。
と、今朝気づきました。

水曜日の朝通ったときはなにもなかったので、水曜日の午後から昨日にかけて車がぶつかったのでしょう。
ここ、毎年事故っています、それも同じところばかり。
どういう状況でぶつかっているのか、交通事故なのか、単独でのミスなのか、そこが分かりませんが、
茅野市としては、修理しても修理してもの繰り返し。

歩行者保護のための鉄製の支柱ですが、歩行者なんぞ滅多に通らないから、いっその事コンクリートの塀にでもしたらどうよ。
車の被害は大きくなるかもしれませんが、多少傷つくぐらいで修理しなくてもいいのに、と思う次第であります。

  IMG_20181116_105327.jpg

posted by もえぎ野山荘 at 11:53| Comment(0) | 日記

2018年11月15日

今も呼ぶ よこ 会いたい

昨日の朝日新聞の社会面35ページに、標題の記事が載っていました。
今日もまた新聞からの話ですみませんが、ずっと心に引っかかっているのです。

こういう記事の書き方ってなにかあると思いながら読んでいたのですが、初めは何の事かわかりませんでした。
ほぼ読み終わるころになって、やっと横田みぐみさんの話かって分かったのです。
今日は拉致されてから41年だそうです。

よくぞこれだけのことを取材したなぁと感心するとともに、横田ご夫妻の心中察するに余りある、です。
涙が出てきました。
娘の生存を信じてあきらめずに活動をされていますが、だんだんと時間が無くなってきています。
焦りもあるでしよう。でも、何もできない、悔しいでしょうね。

その拉致担当として名を上げ人気者になった、当時自民党幹事長?? だった現首相。
まったくそ知らぬふりですよね。
口ではなんやかやと言っているものの、具体的に動こうとしないではありませんか。
所詮、口先だけの政治家なんですよ。

「翌朝、茶の間で、前日と同じ同じ格好の母親が顔を覆っていた。」(朝日新聞より)
夜になっても帰ってこない娘を、一晩中待ち続けたのか。
41年、途方もなく長いです。
自分の子供がこうなったら、果たしてご夫妻と同じような行動が取れるかどうか。

かの国が、国際協調を見せ始めている今がチャンスだと思うのですが、日本政府は何をしとるんじゃい。
今後も、関心を持ち続けていかなければならないと思います。




posted by もえぎ野山荘 at 14:45| Comment(0) | 日記

2018年11月14日

日本一の思いやり運転

今日の朝日新聞の朝刊 長野県版に、
「信号のない横断歩道 車の一時停止率 長野3年連続日本一」という記事がありました。
JAF が調べたそうですが、長野県は58.6% で2位の静岡県を大きく引き離しダントツのトップだそうです。

確かに思いやりからなのでしょうが、真っ向からこれに反論したい。

長野は「強引な右折」「ウインカーをださない」といった運転マナーの悪さを長年、指摘されてきた。こうした運転を揶揄するように「松本走り」という言葉もあるほどだ。(朝日新聞朝刊より原文のまま)

なんのなんの、そういう事もあるかもしれませんが、全くもっておとなしい走りです。
横断歩道は歩行者が待っていたら、ほとんどの車が止まりますね。
これは観光地でもそうなんですね、そうすると県外の車はそういう意識がないものですから、おかましてしまうんですよ。どうして横断歩道で止まったかわからないんです。

今年2月に左ひざの靭帯を痛めたとき、そこの病院の駐車場は横断歩道を渡って対面にあります。
玄関を出て足を引きずって歩いていると、まだ横断歩道に差し掛かっていないのに止まっている車があるんですね。
横断歩道を渡ると思ったのでしょうが、僕が止めた駐車場は病院の並びにありました。
だから横断歩道を渡る必要がないんですが、初めは何で車が止まっているのかわかりませんでした。
親切心からなんでしょうが、横断歩道の端に立ってからでもいいはず。車が3台ぐらい止まっていましたよ。

なんかね、長野県で20年以上車を運転しているんですが、まったく運転の仕方が合わないんです。
郷にいれば郷に従えと言いますが、たぶん運転をしなくなるまで郷に従えないと思います。

ウインカーを出していても、本当に曲がるがどうかがわからない。
交差点では、一歩前へいかない、一歩右へよらない、だから後ろが通れない。
周りを見ていないので、あおってやっても気付かない。
青信号になっても、5秒ぐらい動かない。
時速40Km ぐらいで先頭が走っていても、抜いていくことをしない。車を抜く文化がない。
なにせ、とろとろ トロトロの運転。
このタイミングでなぜ行かない、逆にこのタイミングでなぜ入ってくる。

まだまだあると思いますが、今思いつきません。
要は、車の台数が多くないのであまり気にする必要がないんでしょう。ちょっと待てば行けますから。
東京の首都高速や大阪の阪神高速など、都会では運転できないでしょう、まぁ、運転する必要もないでしょうが。

このように総じて言うなら、下手くそじゃぁぁぁー。
と言っている自分が、一番運転マナーが悪いのかも?? しれませんわっ。
なにしろ、つねにあおっているし、つねに前の車を抜こうとしていますから・・・。





posted by もえぎ野山荘 at 13:35| Comment(0) | 日記

2018年11月13日

村の人口8000人

先日、この地域の地元紙に、原村の人口が8000人を超えたと記事がありました。
この村は、人口がちょっとずつでも増えているんですよね。
これ、すごいことだと思います。

限界集落が多くなると指摘され、将来自治体レベルで消滅する可能性があると言われているのにも関わらず、そんなことどこ吹く風で人口が増えているってすごいじゃないですか。

僕がこの村へ来た14年前は、人口7500人ぐらいでした。
その前は、20年連続で人口が増えていた長野県唯一の自治体だったのですが、日本の人口が減るにつれて増えることはなく横ばいでした。
日本の人口が減っているのに横ばいというのもなかなかできないとは思うのですが、それが10年以上かけてちょっとずつちょっとずつ増えてきたんですね。

8000人目の転入者は、幼児2人を連れたお母さん。
ご主人の実家のリフォームが済んで、諏訪市から引っ越してきたそうです。
地元の方なんですが、こういうのっておっさんが一人で転入届を出しに来ても8000人目にはならないですよね。
何かのイベントなどでも、節目の人数は女性や家族連れなど見栄えのいい人たち。

まあそういうものですが、転入者が増えるというのは、そういう土壌がこの村にはあるのでしょう。
移住説明会なども年に何回かやっていましすし、東京でもやっているそうですから、田舎暮らしを希望する人を引き付ける何かがあるのでしょう。

そういえば最近、移住説明会にくる人たちの宿泊が少なくなりました。
観光協会とチャンチャンバラバラやったからなんですが、地元の人たちとは協調したいと思います、はい。



posted by もえぎ野山荘 at 10:07| Comment(0) | 日記

2018年11月08日

長円寺のカエデ

茅野市玉川にあるお寺の境内のカエデが、見頃を迎えています。
御柱街道沿いのちっちゃなスペースにお寺があるのですが、この時期、車は大渋滞。
ただでさえ、御柱街道は狭いのによけいに狭くなっています。

最近はこの時期の観光地になりました。
観光バスで乗り付けるぐらいですから、知られるようになりましたよねぇ。

駐車場に入りきらない車が田んぼの中の道路にあふれ、カメラを向けても人を写さずに写真を撮ることは不可能です。どこにアングルを向けても人は入ります。
関西弁が聞こえてきたり、県外車が多く要領が分かっていなくてちょっとムカッとしますが、長円寺のために我慢、ガマン。
何しろこのお寺、脚光を浴びるのは一年で今だけですから。

まだ一週間ぐらいは大丈夫そうですから、是非。

  IMG_20181108_110851.jpg
  IMG_20181108_111026.jpg
  IMG_20181108_111201.jpg

posted by もえぎ野山荘 at 12:04| Comment(0) | 日記

2018年11月07日

2 階のトイレ

10月21日に、2階の右側トイレの壁が汚されたんですね。
これは今に始まったわけではなく、以前からの懸案事項。
トイレの腰までの高さや、洗面所が汚されるのでなんとかならんかと思っていました。
なぜか右側のトイレばかり汚されるんですね。

今回はちょっとひどかったのです。
左官屋さんを呼んで壁を塗り替えてもらっても、また同じ事で根本的な解決にはなりません。
それにプロを呼ぶと、すぐに2万円とか3万円ぐらいかかってしまいます。

で、考えました。
これは板を貼らないと、いつまでたっても汚され続ける、と。
先日松本へ行ったときにも、ホームセンターへ寄って板探しもしていたんです。
結局は甲府へ仕入れに行った帰り韮崎で、くろがねやという山梨県を地盤にするホームセンターで、厚さ9mm のコンパネを見つけてきました。

壁の長さを測り、コンセントの穴の位置を確かめ、こげ茶色のペンキを買ってきて自分で仕上げました。
コンセントの穴の位置がちょっとずれていましたが、我ながらよくできたと思います。
その写真が下のもの。

当初この家を建てているときに、設計士にトイレに腰板を入れてくれと言ったのですが、めんどくさかったのでしょう、反映されませんでした。
その懸案事項が、やっと解消された次第です。

これでちょっとぐらい汚されても大丈夫、ホッ!!
ちなみに、コンパネ代1539円、ペンキ代797円で合計2336円で出来ました、ハイ。

  IMG_20181107_153316.jpg
  IMG_20181107_153324.jpg





posted by もえぎ野山荘 at 16:03| Comment(0) | 日記

2018年11月06日

紅葉、真っ盛り

今週は、ちょっと近場の紅葉をお伝えしようと思っていましたら、今日は朝から雨。
それも結構な降りようで、久々の雨です。

で、家の周りの紅葉の様子をお伝えします。
晴れに越したことはありませんが、雨もまたよし、です。
ちょっと写真の色が悪いなぁ。

  IMG_20181106_074815.jpg
  IMG_20181106_074836.jpg
  IMG_20181106_074928.jpg
posted by もえぎ野山荘 at 10:04| Comment(0) | 日記

2018年11月02日

最近、感じること

このブログを書くにあたって、このところ感じていること。
それは、思うようにキーボードをたたけないこと。

カナ打ちでキーボードは打っています。
ローマ字打ちと違って1文字1回で打ちますが、それが1回で終わらないのですよ。
同時に2文字打って思っている文字を打てなかったり、必要な変換ができなくて何度も同じ語句を打ったり。
3回ぐらいやり直すことがあります。
今、この文章を書いているときでさえ、何度もやり直しています。

ああぁ、新聞の文字は見えないし、ホームセンターなどで買い物をするときに値段が見えなかったり。
昔はなんでもなかったものが、それを解決するのに四苦八苦。
イヤですよねぇ、若いつもりでいるのに、寄る年波には勝てません。

ここへ何を取りに来たか忘れ、また出発点にもどって思い出してまた来る、こんなのしょっちゅうです。
なんと効率の悪いこと、こんなの今までなかった。
今後、もっと年取ったなぁと感じることでしょう。

ああ〜あ、いやですよねぇ。
ちなみに、5km 28分30秒で走るんですけれど、まだ若い??

posted by もえぎ野山荘 at 16:31| Comment(0) | 日記

2018年10月31日

迷惑メール

いつか書こうと思っていましたが、みなさん、迷惑メール対策どうしてますか。
プロバイダーでやったり、ソフトを入れたりしていますよね。

たまに予約をいただいた方で、何をしてもメールの届かない方がいらっしゃいます。
パソコンから送信してもダメ、タブレットもダメ、携帯電話も当然ダメで、こういう方には電話をしても出られないので最終手段としては、電話番号に直接メールをします。
ここまではちょっとやりすぎかなぁ、何のためのメール連絡なのって思います。

でも、世の中に出回るメールの7割がこの迷惑メールときたら、何かと対策を取らざるを得ないですよね。

以前は楽天市場を語った架空請求が多かったですし、Apple サポートとしてIDを入力させるように誘導するもの、そしてカメラを仕掛けてこちらの動向はすべてわかっているから、世間にばらされたくなかったら800ドル支払えと、たどたどしい日本語で脅迫してくるもの。日本語なら、なぜ日本円でないのか不思議。

こういったこと、全部プロバイダーから排除されているんですね。
そういったことを知っているのか知らないのか、一所懸命に何度も何度もメールが送られてきます。

この労力と根性は、見習うべきものがありますわ。
でもそれは無駄な努力、というより引っかかる人がいるから送るんでしようけれど。
数打ちゃ当たる、で。
だいたいから、差出人と受取人がどうして同じアドレスなのか、ちょっと考えればわかりそうなものです。

もう、いつからこういう世の中になったのでしょう。
振り込め詐欺も、これだけ言われているのに一向に減りません。
家族関係の希薄さを突いてくるのでしょうが、世知辛い世の中になりましたよねぇ。

と、引っかからないと思っている私、一番危ないかもしれませんわっはっはっ。

posted by もえぎ野山荘 at 14:11| Comment(0) | 日記