2018年08月09日

今日は沖縄のお話

残念ですよねぇ、翁長沖縄県知事。
志半ばで逝去とは。
7月27日の承認撤回の記者会見で、やつれているなぁと思いました。
それからわずか10日ほどです。

政府は、ほくそ笑んでいるでしょう。
目の上のたんこぶがいなくなったのですから。
この機に乗じて、埋め立てへと突き進むでしょうか。

この基地の問題は、解決するのでしょうか。
実際、本土では他人事です。
沖縄へ行って肌で感じないと、本土の人間には理解できないでしょう。

平成25年3月に家族旅行で、沖縄本島へ行きました。
もちろん、美ら海水族館やその他の観光地へも行ったのですが、戦争の跡や基地も見てきました。

普天間飛行場は市街地のど真ん中にあり、横を通っていても基地が見えません。
それぐらい建物が密集しているのです。
広大な嘉手納空軍基地は、4000m の滑走路が2本あるのです。
日本のどこの空港よりも立派。
そして辺野古の海、ジュゴンもいるような海に、監視カメラがあり鉄柵は海の中まで続いていました。

かたや本島西岸の一大リゾート地。
1泊30000円もする高級ホテルが立ち並び、那覇空港から直通バスを走らせ、ホテルのフロントでレンタカーの予約ができるなど、現在の沖縄の経済を支えています。
こういう所へ滞在する人たちにこそ、基地の問題を考えてもらいたいのですが、そういう人たちこそ基地は無縁。単なるリゾート地としてしか思っていません。

那覇国際通りで入った寿司屋の店主が、「辺野古に基地を作るのは反対だけれど、普天間が危なすぎる」と言っていたのが印象的でした。

そうやってキャンプシュワブの前では毎日反対運動があるにも関わらず、辺野古移設しかないという考えで対話を拒み続けている政治家の貧困な考え方、そこが問題なのですよ。
じゃあ東京湾に作れと言ったら、大反対じゃないですか。
なんでもかんでも沖縄に押し付けている。
先の西日本大水害も同じですが、痛みの感覚の共有、ここが大事だと思います。

いっそのこと沖縄県、独立したらどうよ。
尚氏の末裔がいるでしょう、それを担いで独立すれば政府もジタバタするでしょう。
世界中、そういう独立問題はあちこちに存在するのですから。
なかなかな難しい問題ですね。



posted by もえぎ野山荘 at 11:55| Comment(0) | 日記

2018年08月07日

Eテレが・・・

Eテレが映らんのじゃぁ!! (千鳥のノブ風に)

昨日の高校野球甲子園、第4試合に長野県代表の佐久長聖高校が出場しました。
予約が無いので見ていると、9回裏同点に追いつかれて1アウト1塁3塁でテロップが流れました。
「高校野球はこのあと午後6時よりEテレにて放送します」と。

午後6時にチャンネルを切り替えると、Eテレが映らんのじゃぁ!!
「このチャンネルは現在放送を休止しています」と、そんなはずはなーい。

これ、普段からEテレは映りにくいんですね。案の定でした。
見られたところで、午後6時20分まで。
そんな1回戦の長野県代表VS 北北海道代表の試合なんて、最後まで放送する価値なしなんでしょう。

結局、ネットの甲子園ライブというので見ていました。
そしたら延長13回から今大会から初のタイブレークへ。
結果は新聞紙上の通り、タイブレークと言えども簡単には点は入らないのですね。


高校野球はドラマです。

甲子園高校野球史上に燦然と輝く、箕島対星稜の延長18回の試合。
その箕島のピッチャー石井氏が昨日の始球式に登場しました。
その第一試合の主審を務めたのが、対する星稜のピッチャーの堅田氏。

二人はマウンドでがっちり握手。
こんな事ってありますか。
普段から付き合いがあるのでしょうが、マウンドでまた相まみえるとは。
この二人は、あの試合で高校野球史に名を残しました。

開会式直後の始球式に登場したのは、星稜出身の松井秀樹氏。
その試合のくじを引いたのが星稜高校とは、事実は小説より奇なりですよ。

今週は暇なので、高校野球に詳しくなるでしょう。
問題はNHK 総合の時間外になったときに、Eテレが映らんのじゃぁ!!





posted by もえぎ野山荘 at 10:41| Comment(0) | 日記

2018年08月06日

ホッと一息

7月25日から始まっていた「夏」が、今日で途切れホッと一息です。
怒涛の2週間でした。
が、今週がまったく予約がありません。
8月の第2週というのに、一番の最盛期というのに、トホホです。
おまけに、週の後半には台風直撃の様相で期待をもてず。

こういう時はどうあがいても無理で、人間開き直りが肝心という事ですわ。
何かしら足らないものや、掃除などで来週に備えましょう。
ま,じっくり充電しましょう。
ついでに、甲子園も応援して。

と、現在の気温 25°C、これでも暑すぎる原村からでした。



posted by もえぎ野山荘 at 18:26| Comment(0) | 日記

2018年08月03日

シジュウカラの巣箱

ちょっとびっくりしました。
今年はシジュウカラの子育てが見られないなぁと思っていたんですね。
というのは、昨年覗きすぎたんですよ。
で、今年は警戒されているのかなぁと思っていました。

それが昨晩雨が降って、2つある巣箱の片方が地面に落ちていたんです。
それには巣はありません。
それを木の上に再度くくり付けて、もう一方の方ものぞいてみようと思って脚立をかけたところ、ちゃんと子育てしているではありませんか。
5羽いるようです。

いやぁ、よかったよかった。
でも、時期的にはちょっと遅いんでないのって思います。
本来ならもうとっくに巣立ってないなといけない時期、もう8月ですぞ。
それがあの様子では、まだ当分かかりそうです。
あまりヒナが大きくないんですね。

それに親鳥が出入りしていなくて、今まで気が付きませんでした。
この猛暑で餌になる昆虫が少ないのか、もっと頻繁にエサを運ばないといけないと思いますが、苦労しているなぁと思います。
ちゃんと巣立つだろうか。

シジュウカラくん、ちょっとあせった方がいいんでないの?
でも、ちょっと楽しみが増えました。見守りたいと思います。

  CIMG6758.JPG
  CIMG6759.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 15:37| Comment(0) | 日記

2018年08月01日

梅を干しました。

今日から8月ということで、漬けていた梅を干しました。
これから三日三晩干して、梅干になります。

実は梅を干すのを忘れていて、ひと月半ぐらい漬けていました。
普段は一か月ぐらいでいいのですが、この長さがどうなりますやら。

今年は、ちょっとケチって山梨県産の南高梅を仕入れました。
だって南高梅って、和歌山県産のものを買うと1kg 1000円ぐらいかかるんですよ。
昔々は南高梅でないもので作ったら、これはちょっとあまりおいしくありませんでした。
やはり、梅干には南高梅なんです。

でも、和歌山県産はこちらではすっごく高い。
で、山梨県産で妥協したのですが、このことがどういう結果になりますやら。
1週間ぐらいで食べられるようになりますが、1年ぐらい寝かせた方がおいしいようで、来年まで楽しみに待ってみましょう??

CIMG6755.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 16:16| Comment(0) | 日記

2018年07月30日

なんだかねぇ

ちょっと忙しく、夏の繁忙期に入っているためブログが書きにくくなっているのですが、

今日午前、銀行へ月々の税金の支払いへ行ってきました。
明日が末日ですから明日でいいのですが、明日は何かとやることが多く今日の方が良いと思って行ってきました。

内訳は、
未だ払っていなかった自動車税39600円、固定資産税26000円、国民健康保険税5100円、国民年金16260円、それに水道代があって19277円、しめて106237円なりぃぃ。
すごいですよねぇ、これでは7月の稼ぎがいっぺんに飛んでいくわ。

税金って言うのが一番厄介じゃないですか。
払わなければ払わないにこしたことはなく、払いたくないものでもあり、ただ一番つかまりやすいものでもあります。

アルカポネも野村佐知代も板東英二も、全部脱税で捕まっているのです。
当局としたら、一番引っかけやすいものなんでしょう。

ただねぇ、そうやって庶民は一生懸命支払おうとしているのに、何の努力もしないで日々安穏と生活している、先の自民党議員の発言ではないですが、それこそ生産性のない連中(本来はこっちの意味で使え!!)が、湯水のごとく使い無駄を省こうとしないのでは、税金を払いたくもなくなりますよ。

この生産性のない連中が、日本を牛耳っていると思わせている我々国民も、もっと声を上げねばならないですよね。
支払いの金額をみて改めて、なんだかねぇと思わざるを得ませんでした。




posted by もえぎ野山荘 at 13:53| Comment(0) | 日記

2018年07月25日

北アに沈む夕陽

写真は、昨日の北アルプスに沈む夕陽です。
真っ赤に染まった空と、北アルプスのシルエットが美しく、おまけに諏訪湖周辺には夜景が見えだしていました。
午後7時すぎの風景。

夕陽が真っ赤に見えるのは、本当は夏だそうです。
冬の方がきれいだと思いがちですが、夏の方が真っ赤だとか。

で、見られたのが昨日の夕陽。
本当は写真よりもう少し綺麗だったように思いますが、如何せん手持ちの10年選手のデジカメではこれが限界かぁと思います。
こういう写真をうまく撮られたらいいですよね。

久々に夕陽を見て、美しいぜ、って思いました。

  CIMG6748.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 16:12| Comment(0) | 日記

2018年07月22日

御岳海、初優勝!!

今日はなんといってもこの話題。
大相撲西関脇の御嶽海の幕内初優勝です、パチパチパチ。

長野県出身力士としては、初めての優勝とか。
それだけ大相撲で優勝することは簡単ではないんですよね。
そりゃもう木曽は大騒ぎさっ、てな感じなようです。
松本駅前では、号外が出たそうな。

3横綱1大関が休場している間に優勝をかっさらって、優勝の重みがちがうなどという輩がいるようですが、休場するのも実力のうち、実力があれば休場などしないはずですから、なにを言っとるかっ!!ですわ。

木曽上松町出身の御嶽海は、木曽地方の期待を一身に背負っていました。
そのみんなの期待、重圧たるはどんなものだったでしょうか。

なにかと暗い話題の木曽地方、御嶽山の噴火に影響され、その前には南木曽町で土石流があったり。
御嶽海が角界に入ったときに、どれだけ木曽のみんなは笑顔になったことか。
それが今や長野県全体に広がっています。

都合のいいことに、来月初めに地方巡業で諏訪湖場所なるものがあるんです。
すでにチケットは売り出されているのですが、盛り上がること間違いないですよね。

優勝したことで、江戸時代の伝説の力士雷電為右衛門と比較される新聞記事が出ていましたが、それはちょっと言いすぎとちゃう、とも思います。
雷電は今の東御市の出身で、浅間山麓を走っている浅間サンラインという幹線道路沿いに出身地の碑があります。だからちょっと木曽とは地域が違うんですね。

まぁでもこれで来場所は大関とり、というように見られますから伝説の大関雷電為右衛門にならぶように頑張ってほしいですね。
だから今日の千秋楽は、勝って優勝に花を添えないと、ね。

  CIMG6745.JPG
  こちらの地元紙、長野日報のウラ一面に御嶽海の記事でした。





posted by もえぎ野山荘 at 15:39| Comment(0) | 日記

2018年07月19日

観測史上最高

昨日の原村での最高気温、33.7℃で観測史上最高だったそうです。
33℃ぐらいで観測史上最高って言っているようでは、40℃を越えているところがあるのでニュースにもなりませんが。
ただ、冬場−15℃ぐらいになることを考えれば、その寒暖差50℃ 近く。
東京の冬場の最低気温を−1〜2℃とすると、換算すれば45度ぐらいになるんですよ。
ということは、原村ではむっちゃ暑いってことだと、理解していただきたい。

それにしても暑いですよねぇ。
この高原にあってもクーラーがいるのではと思い始めました。
この分だと、数年後にはほんとにクーラーをつけないとならないかもしれません。

ただ幸いにも家の中は30℃までいかなくて、湿度も60パーセントぐらいで扇風機も必要なく過ごしやすいのが、この高原のいいところでしょうか。

冬場の−15℃がいいのか、夏場の35℃ がいいのか、考え方の違いですが僕は冬寒いのがいいなぁ、夏の暑さは我慢できませんから。
みなさん、この猛暑の夏を我慢しましょう、ってもうそういうレベルではありませんね。

  CIMG6739.JPG
  最低気温が20℃ぐらいなので、ぐっすり寝られます。
  伊那の37.2℃も観測史上最高だったそうです。
  

posted by もえぎ野山荘 at 10:29| Comment(0) | 日記

2018年07月17日

昼間っから生ビール

この3連休、むっちゃ暑かったですよね。
金曜日からはじまった5日間、なんかしんどかったのですよ。
たぶんその暑さのせいで、多少バテ気味だったのだと思います。

今日午前中まで掃除をして、ほっと一息、今日はこれから何もありません。
こういう時はこれに限る、ということで昼間っから生ビール。
いやぁ至福の時ですよ。

夕食が始まったときに、生ビールを注文されるとそのうまそうなこと、やってられんわって思いますわ。
いえいえ、夕食はまだはじまったばかり、お仕事はがんばります。
人が休んでいるときに仕事をするのがサービス業、とは分かっているのですが。

で、人が仕事ををしているときに休んで、昼間っから生ビール。
これは最高にうまいっす。
それで、これからお昼寝しましょう。
と、お仕事中の方々、ごめんなさい。・

 CIMG6732.JPG




posted by もえぎ野山荘 at 13:01| Comment(0) | 日記