2019年03月19日

ユーザー車検 2

それでは、ユーザー車検の顛末を。

車検は全国どこの検査場で受けられます。
実際、前に並んでいた車は「相模」ナンバーでした。

で、ここは諏訪ですから松本にある検査場へ普通は行くのでしょうが、その予約をする段階で松本は3月末までいっぱいで予約が入りませんでした。
こんなことあるのか、ユーザー車検を排除しているのではないか、と思うのと同時にこの業界は今が繁忙期。
それで山梨県はどうか、と思い検索すると3日ぐらい先からなら予約ができるではありませんか。
それが3月12日のこと。車検証の期日は23日です。
で、昨日の18日に予約を取っていってきた次第です。

建物へ入っていくと、初めてのためどうしていいかわかりません。
それを見たカウンターの女性が、素人がやってきたと思ったのでしょう「こんにちは」と声をかけてきました。
そこで重量税と証紙代、手数料を支払い書類をもらい、隣の窓口で自賠責保険代を支払いました。
そしてここの窓口へ行ってくれと教えられ、そこでも書類を作成し車検コースへと出ました。

初め、公務員にありがちな横柄な態度を取るんであればケンカしてやろうと思っていたのですが、そんなことはなく丁寧に教えてくれました。向こうにとっては毎日のルーティンなのですから、普段の対応なのでしょう。

そして車検コースへ。
前に4台ぐらい並んでいたでしょうか、10分ぐらい待ちました。
もう気持ちは、しばらく忘れていた「受験」の心境です。
初めてのことですから、ドキドキドキドキ。
順番が来て「ユーザー車検に初めて来たんです」と下手に出ると、そういう人物には慣れているみたいで、付きっ切りで教えてくれました。

コースに入ると上部に出る表示通りにやればいいのですが、いかんせん要領が分かりません。
要は、ブレーキ、ヘッドライト、排ガス、下回りを調べるだけなんですね。
全長100m もないぐらいのコースで、車もガタガタゆれるときもあり、わけもわからず通り抜けたときにはほっとしました。
ヘッドライトの点検のところで、「右灯×」と出たので、あちゃぁ再整備かと思いましたが、最後に書類を提出すると「5番窓口へ行ってください」と言われ、すんなりと車検証をもらえました。

あれぇ「右灯×」はいいの? と思いましたが、そんな自分からほじくりかえす必要はありませんから、ラッキーと思いながらステッカーと車検証が更新できたんです。

ここまで最初に車を止めてから、1時間15分ぐらいです。
こんな事を販売店に今まで任せていたのかと、アホらしくなりました。
何でもやって見ないとわかりませんね。
こんなことなら、次回もユーザー車検をやろうと思いまーす。

でも、弊害もあります。明日はそのお話。

  DSCN0391.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 09:31| Comment(0) | 日記

2019年03月18日

ユーザー車検

みなさん、車検ってどうしていますか。
車検に対する不信感ってありませんか。
こちらの無知に付け込んで、あれもいる、これもしていた方がいいですよ、とかなんとか言って車を整備していませんか。

平成5年に車を買って以来、ずぅぅっとそう思いながら何回となく車検を受けてきました。
その間にユーザー車検なるものができるようになり、それを頭にいれつつも販売店に任せきりでした。
が、この3月、車検がきれるのに合わせてユーザー車検をやってきました。

そもそもは、トヨタの販売店から来た車検のダイレクトメールがきっかけ。
費用が書いてありましたが、基本料金の手数料として合計39,744円とあるではありませんか。
内訳は、
 基本点検  18360円
 継続検査料 11880円
 代行手数料  9504円
このほかに法定手数料の59,830円が必要と書いてありました。
もう1社からもDM が届いていましたが、似たようなものです。

法定手数料は仕方がありませんが、基本料金の手数料にこんなに支払っているのか、と思ったのが始まりでした。
販売店って車検車検っていうじゃないですか。
どうしてかって思っていたのですが、これで販売店は儲けているのかと初めて分かりました。

こんなのアホらしいですから、一度ユーザー車検なるものをやってみようと思い立ち、いろいろと調べて予約を取り、山梨県石和温泉近くにある山梨運輸支局に行ってきた次第です。
どうして松本ではなく甲府へ行ったのかは、松本の方が予約が取れなかったのですね。

その費用は、
 重量税    32800円
 自賠責保険代 25830円
 検査登録印紙代  400円
 審査証紙    1400円   で 合計60430円で済みました。

これを販売店に出すと10万円以上かかります。
甲府へ行く手間と時間はかかりますが、そこは仕入と一緒にして、たまっている事務処理などとも組み合わせて行ってきました。普段から行っているので、あまり苦にはなりません。

とりあえず車検を通して車検証をもらうという目的は達せられたので、明日はその顛末をお話しようと思います。
車検に不信感のある方、ユーザー車検やってみるのもいいですよ、ハイ。

posted by もえぎ野山荘 at 15:20| Comment(0) | 日記

2019年03月15日

コンビニは社会のインフラ

と思っているのは、コンビニ業界の人たちではないでしょうか。

セブンイレブンの24時間営業の問題。
東大阪市の店舗が24時間営業出来ない、と言って時短営業していますよね。
これ、問題が大きくなったことで本部側が手のひら返したように、時短営業を認めたとニュースになりました。
それまでは、時短営業は認めない、違約金が1700万円かかる、といわば店舗に対して脅し、脅迫していたわけでしょう。
それが、関西経済界からの意見や問題が大きくなったことで、そんなことは言っていないと言い分が180°変わりました。

コンビニ店舗と本部との関係は、いわば庄屋と水のみ百姓との関係。
年貢を絞れるだけ絞って、自分はのうのうと暮らしているわけです。
胴元は、何もしないでも損をしないようになっているわけです。

はたして、24時間営業って必要でしょうか。
昨今の働き方方改革と声高に叫ばれているのに、24時間営業はどこかにひずみが来るのではないでしょうか。
諏訪地方でもかつては、イオン系列のザ・ビッグや西友などでも24時間営業をしていました。
こんな諏訪なんかで24時間は必要かって思っていたら、最近は深夜から明け方にかけては閉めるようになっています。もともとニーズは少ないんですから。

店舗によって24時間やりたいところとそうでないところと、分ければいいのに。
無ければ無けれで何とかなりますよね。
そういう無駄なこと、必要のないことを一生懸命やっているのが日本人だなぁと思いながら、この24時間問題の成り行きを見ていました。

その本部と店舗の関係って、我々からすれば大手旅行検索サイトとうちらの宿との関係と同じだわって思いましたねっ。


posted by もえぎ野山荘 at 17:18| Comment(0) | 日記

2019年03月14日

霜柱

もう3月も中旬なんですが、寒いですよねぇ。
3月に入ってずぅっと雪続きで、3日に1回は雪降っています。

昨晩は富士見町の国道20号で車10台がからむ多重事故があったそうで、長時間通行止めだったそうです。
夕方、富士見町のAコープへ行くと吹雪いていましたから、それで路面は凍っていたのでしょう。

2月の方が暖かかった。
すっかり春だと思い込みタイヤを替えようと思っていましたが、この天候ではなかなか替えられません。

そのおかげで、今朝は霜柱が立っていました。
長さ10cm ぐらい、この時期としては珍しいです。
気温−4℃では、こうなるでしょう。

この頃は春気分もすっかりなくなってしまい、春遠からじ、ですわぁぁ。

  DSCN0384.JPG



posted by もえぎ野山荘 at 13:59| Comment(0) | 日記

2019年03月13日

もみの湯 値上げ

昨年の5月から、樅ノ木荘が耐震補強などの改修工事をしています。
それがこの3月末に出来上がり4月からオープンするのですが、そのオープンのタイミングに合わせて隣にあるもみの湯の料金が値上がりします。
広報や新聞で発表されました。

今までは大人500円、午後5時以降300円だったのが、村外者は650円村内在住者は500円になり、午後5時以降の300円というのは廃止されるそうです。
開業以来28年間値上げをせず、ずっと赤字だったそうでこのタイミングってなったのでしょう。

あの午後5時以降300円というのは、値打ちでした。
今時サウナも露天風呂もある施設で、300円では入られません。
だからGWや夏の繁忙期は芋の子洗うように、激混みだったんですね。
一度行ったお客様が、入られないと言って戻ってきたぐらいですから、すごかったのでしょう。

これで650円とるようになってどうなるでしょうか。
村内在住者を、どのように認識するのでしょうか。

茅野市の温泉でも同じことをやっていますが、その識別はあえてしていないですね。
昨年10月の停電の際は、茅野市民として400円でお風呂に入りました。

まあでも、300円だからお風呂に入りに行きましたが、値上げすると魅力がなくなるわねぇ。
これからどうなっていくか、見てみましょう。

  DSCN0381.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 10:08| Comment(0) | 日記

2019年03月12日

栄村の震度6強

今日は、やはり8年前の今日に起こった地震のお話。

長野県北部の新潟県津南町との境に、栄村という豪雪地帯があります。
平家の落ち人伝説のある所で、ほんとに山深い村。
そこで8年前の3月12日、震度6強の地震がありました。

前日の11日に東日本大震災が起こって、日本中がてんやわんやの時に栄村でも甚大な被害が出たんです。
それが東日本大震災の方が被害が大きかったため、「忘れられた被災地」と呼ばれるようになりました。

平家の落ち人伝説があるだけあって、築100年200年の家がざらにあったので震度6強に耐えられなかったのでしょう。建てられたのは、建築基準法もなにもない時代ですから。
幸いにも人的被害がなかったため、あまり大事にならなかったんだと思います。

ただ何棟も家は倒壊し、田んぼには亀裂が入りその年は田植えが出来ませんでした。
長野県内の被害でしたから、多くの人が支援に出かけました。

去年の6月に苗場山へ登ったとき、栄村の秋山郷へ行きましたがほとんど地震の痕跡は見られませんでした。
ああもう、すでに復興したんだわって思ったものです。

今日はどれだけのメディアが取り上げるのか。
「忘れられた被災地」
人間の記憶って、なくなるものなんですね。





posted by もえぎ野山荘 at 09:56| Comment(0) | 日記

2019年03月11日

8年前のあの日

8年前の今日、みなさんはどう過ごしていましたか。
金曜日だったですよね。
だから東京では、みんな家に帰ろうとして道路が大渋滞になりました。
あれ、他の曜日だったらまた違っていたと思います。

そういう私、スキー場のゴンドラに閉じ込められていました。
スノーシューツアーで入笠山へお客様を案内し、富士見パノラマスキー場の下りのゴンドラに乗っていたんです。
その時突然、ゴンドラが止まりました。
初めは風で止まったと思ったのですが、しばらくして備え付けの無線を開けるとそこで初めて地震のため止まっている、ということが分かりました。

15分ぐらいで動き出しましたが、ああいう密室に閉じ込められ逃げ場がないということは、あまり気分のいいものではありませんね。エレベーターに閉じ込められるのも同じだと思います。

下の駅についた時、係員のおばさんが
「すいません、止まりまして」というものだから
「震度はいくつですか」と尋ねると、4か5と言うではありませんか。
ここで震度4か5というとこれは大きいぞ、と思って車へ戻ってラジオをつけると「宮城県北部震度7」

この時、ゴンドラ山頂駅に予定より早く戻ってこられたんです。
時間があったので、山頂駅のレストランでお茶してたんです。
それで地震にあったものですからそれがトラウマになり、その後は戻って来たらさっさと下りるようになりました。

まだ8年なのか、もう8年なのか。
あの地震を知らない小学生が増えているそうです。教えていかないといけませんね。
津波で被害にあった原発事故は、なんら進展していません。
手つかずのまま。
処理の決まっていない汚染水が増え続けるだけで、どうするんでしょうか。
関心が薄れているように思います。

また地震、起こりますよ。
日本列島、地震から逃げられません。
空いているのは、東海道沖から紀伊半島、四国沖にかけての地域。
必ず、この地域を震源とする地震は起こります。
そのためにも、備えをしっかりと準備しておきましょう。






posted by もえぎ野山荘 at 14:28| Comment(0) | 日記

2019年03月10日

昨日の試合 対浦和戦

このブログ、文字が薄くて読みにくいなぁと思っていたんですね。
もともとはプロバイダーが提供しているひな形を使っているのでカスタマイズはできないと思っていたのですが、文字の色を変更できるということが分かりました。10年以上やってきてやっとわかった次第です。
ただ、毎回文字の色を黒くしないといけませんが、その煩雑さはありますが・・・。
何事も問題意識をもってやらねば、と思います。

さてさて、うって変わって今日は昨日の松本山雅 VS 浦和の試合のお話。
結果としては0対1とスコアだけ見れば惜敗です。

が、この失点はミスから生まれたPK によるもの。
それはペナルティエリア内でハンドの反則を取られたんですね。
相手がゴール前へボールをけったときにDF の手に当たりました。
これはDF としては気を付けないといけないところで、最近はペナルティエリア内でのハンドはどんな形であれ厳しく反則をとるようになりました。
故意ではなくても手に当たれば、ハンドの反則を取られます。
だから手を体に巻いていくとか、手にあたってもハンドの反則を取られないようにしないといけません。

こういう部分が今まで戦ってきたJ2とJ1との差、なんですよね。
J2ではできたのに、J1ではできないというところ。

まあでも、全体的にはよくやったと思います。
こちらではNHK長野で放送があったのですが、満員の19000人もの観客の前でホーム開幕戦を戦ったのに、
「勝たんかい」という所が本音ですが、そこをなんと考えているのか。
プロは勝ってなんぼ、結果が全てです。
惜しいでは評価できません、勝たないと。

試合が終わって松本山雅のサポーターはさっさと帰ったのに、浦和のサポーターはずっと残って応援していました。帰りのバスの都合で帰るに帰れないのでしょうが、そういう所が気になりましたね。

これで3試合終わっただけですが、今回は何とか形が作れています。
4年前の前回よりは地に足がついている感じがして、J1で戦っていけるのではないかと期待をいだかせてくれます。
ちょっと今シーズンの楽しみが増えました。応援しましょう。


posted by もえぎ野山荘 at 12:47| Comment(0) | 日記

2019年03月09日

ザ・デストロイヤー

一世を風靡したプロレスラーが亡くなった、というニュースが昨日駆けめぐりましたよね。
ザ・デストロイヤー
と言ってもこの名を知っているのは、50歳以上ぐらいの方たちでしょうか。

プロレスの全盛期、金曜日の午後8時からテレビ中継がやっていました。
ジャイアント馬場やアントニオ猪木、デストロイヤーも出ていたように思います。
毎週楽しみに、テレビにかじりついて見ていました。

そのデストロイヤーに、麻布のレストランで出会ったことがありました。
東京の親戚の引っ越しの手伝いに行ったとき、引っ越し後に麻布十番のレストランに食事をしに行きました。
そこにたまたまデストロイヤーがいたんです。
テレビで見るのと同じで覆面をかぶっていましたから、すぐにわかりました。

相手はプロのレスラー、怖々サインを求めに行くと気さくに応じてくれたのを覚えています。
ファンを大切にするんだと思いました。
初めてもらった有名人のサインでした。
今から40年ほど前のお話です。

近年はその動向が伝わってこなかったですが、一時代を気づいたレスラーですから惜しいですよね。
お悔やみ申しあげます。

が、あのサイン、どうしたのよ。
全くもって、その後どうしたのか記憶にありません。
今なら、価値がついたかもしれないのにぃぃ。

posted by もえぎ野山荘 at 10:50| Comment(0) | 日記

2019年03月08日

チケット完売 !!

明日のJリーグ松本山雅vs 浦和レッズの試合、チケット完売だそうです。
3節目にしてのホーム開幕戦、それに相手は因縁の浦和レッズとくれば、否が応でも盛り上がりますよね。

もう4、5年前になるでしょうか、天皇杯の予選で浦和レッズに勝ったことがあります。
その当時、ジャイアントキリングと称賛されたのですが、それはまぐれ。
J1のチームは、天皇杯はリーグ戦が佳境に入っているため、一生懸命やらないところがあります。
そのことを浦和レッズが相手だと、今だ言っているんですね。
アジアを制したこともある浦和レッズとは実力、クラブの規模、なにをとっても松本山雅とは違うんです。
まして未だ勝ち星のない浦和レッズは、今節は目の色変えてやってくるでしょう。
それを松本山雅は持ちこたえられるかどうか。

まあでも、待ちに待ったJ1でのホーム開幕戦。
まして相手が浦和レッズでは、対戦相手に不服なし、ですよね。

2試合終わっただけで4位につけて喜んでいますが、これから始まるんですよ。
浦和レッズ相手にコテンパンにやられるか、善戦するのか、はたまた勝つのか明日が楽しみですねぇ。
テレビ中継あるんかなぁ。







posted by もえぎ野山荘 at 11:35| Comment(0) | 日記