2016年05月31日

自動車税

5月も今日で終わり、あっという間に明日からは6月。
という所で、今日は自動車税の締め切り日です。
みなさん、支払いましたか。
って大きなことを言っていますが、5月末の期日に支払ったのはひっさしぶりです。

普段は期日などどこ吹く風、督促状が来ても知らんふりで7月末頃になってようやく支払うのですよ。
自動車税は、7月末までなら延滞金はかからないのです。
案外これ、知られていないではないでしょうか。
ということを、以前8月に支払って利息を取られたんです。それを銀行に教わったのです。

5月がちょっと忙しく、多少裕福になったのでこれ見よがしに税金を払いました。
国民年金と健康保険とで、全部で60000円。
いやぁ税金を期日までに支払うって気持ちいいですよねぇ。
いえいえそんなことを言ってはいけません。
税金は期日までにきちんと払うものなんですから。

たまにきちんと支払ったものだからこういうこと言えますが、人間あさましいわぁって思っている本日です。

posted by もえぎ野山荘 at 11:53| Comment(0) | 日記

2016年05月26日

もぬけのから

庭にあるシジュウカラの巣箱、今日午前中にヒナたちは巣立っていきました。

朝は親鳥が出入りしていました。
もう間もなく巣立つだろうと、カメラを三脚に据えて待っていました。
ところが今日の午前中は食品衛生協会の会議があり、帰ってきたのがお昼前。
うん? なんかおかしいなあと思いふたを開けてみると、もぬけのから・・・。

ああっ残念!! あっという間に巣立っていくんですよねぇ。
去年もなんかの用で外出している間に巣立っていき見られず、今年も会議があって見られず。
なんかそれに合わせて巣立っていくような感があります。

このところふたを開けたりカメラを突っ込んだり悪さばかりしていますから、こんな人間のいるところから早く逃げようと思っていたはずです。
去年もなんだかんだやっていてその翌日に巣立ち、今年もそう。
ああ、逃げられたっ。
また来年に期待しましょう。

  CIMG4005.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 15:09| Comment(0) | 日記

2016年05月25日

シジュウカラの子育て2

ちょっと踏み込んでシジュウカラの子育てを撮影してみました。
巣の中はこんな風になっているんですね。
ほぼ真っ暗です。
唯一親が出入りする500円玉ぐらいの大きさの穴が、外界との接点なんですね。
ヒナたちは、巣立つまで外の世界を知らずにここで過ごすんですよ。
それを考えると、巣立ちというのは一大決心でしょう。
我が家の子供たちも見習ってほしいわ、最近は教科書代だの、部活動で必要だのって様々な理由でせびってきますから。

さてさて、
始めヒナたちは、変なものが入ってきたので警戒しています。
じぃっとしているのが、彼らの身を守る術なんですね。これ以外に方法がないんでしょう。
天井のふたを開けて撮影したときも動かないんですよ。

そこへ親鳥が食料持って帰ってくると状況は一変。
親鳥は、次に誰にあげるか考えているんでしょうか。
10羽が平均に育っているところをみると、まんべんなく餌をあげているのでしょうが、こちらは2人でも子育てヒイヒイ言っているのに、10羽育てるとはあんたはエライ。

ということで動画をご覧くださいませ。
2分ぐらいで、初めはヒナはじっとしています。
親鳥が帰ってくると一変します。全体に画面が暗いですが、ご了承くださいませ。
これは巣箱の天井との間に iPad 突っ込んで撮りました。
  

  
posted by もえぎ野山荘 at 10:17| Comment(0) | 日記

2016年05月24日

はや、スズランが・・・

もう咲いてしまいました、庭にあるスズラン。
これも6月に咲く花です。
5月に咲くなんて思いもよりませんでした。

庭にあるのは株を買ってきて植えたものなんですが、スズランはこの辺りでは雑草なんですよ。ほっといたらどんどんと増えていきます。
可憐で清楚で麗しく、見ていて飽きないスズラン。
花言葉の「再び幸せが訪れる」はわかるような気がします。

この分だと例年6月下旬に咲く入笠山のスズランは、今年はかなり早くに咲くのではないでしょうか。

  CIMG4001.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 11:27| Comment(0) | 日記

2016年05月23日

シジュウカラの子育て

今年も庭にある巣箱に、シジュウカラが巣を作りました。
せっせとせっせと親鳥は子育てをしています。
本当は覗いてはいけないのですが我慢ができずにのぞいてみると、なんと10羽もいるではありませんか。
こんなにものヒナを育てるのは大変ですよね。

見ていると3、4分おきに餌を運んで帰ってきています。
離乳食はないでしょうからまだ楽なんでしょうが、どこで食料を探してくるんでしょう。それだけこの時期は食料が豊富なのかもしれません。

この狭い空間に10羽もいるのは大変。
巣箱の下に行くと、ヒナが盛んに鳴いています。
覗いたときは必死で動かないように耐えていましたが、もう間もなく巣立つような感じです。

昨年は覗いた翌日に巣立っていって、1羽その巣立ちに失敗しました。
巣立つまで彼らは外の世界を知らないのですから、いきなり一人で生きていくのは過酷ですよね。
来年はもう少し観測体制を構築できないかなぁと思っているところです。

  CIMG3992.JPG

  動画はこちらから
  



posted by もえぎ野山荘 at 11:35| Comment(0) | 日記

2016年05月22日

カッコウ

今日午前中に、初めてカッコウの初鳴きを聞きました。
そう鳥の郭公のことです。

だいたい例年通りの初鳴きかなと思いますが、カッコウがなく頃に咲くというカッコウソウはすでに花がさき枯れてしまい、ちょっと遅いんじゃないのカッコウ君とも思います。

耳をよくすませば、カッコウに限らず、ホトトギスやカケス、ウグイスなとも鳴いています。
これからやかましく毎日のように泣き続け、シジュウカラはせっせと子育てをしていて、すでに初夏の様相。

カッコウカッコウ静かにぃ〜って歌がありますが、7月下旬までぜんぜん静かではない森の中なんですよ。
毎日毎日、やっかましいんですわ。
posted by もえぎ野山荘 at 13:01| Comment(0) | 日記

2016年05月21日

昨日の夕景

1週間ぐらい前から田んぼに水が入りだし、今日明日でこの辺りでは田植えをするところが多いと思います。
その一瞬の間にだけ見られる景色が、写真のものです。

写真は昨日の夕陽と、水の入った田んぼの風景。
これ、田植えが始まると田んぼが鏡のような滑らかに見えなくなるため、おそらく昨日がこの景色が見られる最後のチャンスだったと思います。

鳥たちは毎朝やかましく鳴き出し、木々は新緑を迎え青々とし、庭の木にある巣箱にはどうやらシジュウカラが子育てをしている様子。
その様子もまたお伝えしますが、過ごしやすく1年で一番いい季節になりました、よっ。

  image4.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 09:46| Comment(0) | 日記

2016年05月20日

ベニバナイチヤクソウ

普段は6月10日ごろに咲きだす花が、今年はすでに咲いています。
毎年この花を見るのが楽しみで、いつ咲くかと気にしているところが、ええっと言う感じで発見しました。

この花、図鑑によると高山植物。
針葉樹林帯の日陰を好み群落を作るとあります。

家の横で咲いているんですけれど、この辺りは針葉樹林帯だし高山でもあるわなぁと思いつつも、高山植物がすぐ横で見られるぐらいのところに人間が住んでいるということです。
なにしろ標高1200m あればそうでしょう。
寒いはずだわ。

ベニバナがあればシロバナもあるのですが、それはまだ見たことがありません。

  CIMG3945.JPG
  CIMG3943.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 14:13| Comment(0) | 日記

2016年05月13日

インターハイ予選

なかなかいい響きですよね、インターハイ。青春って感じじゃないですか。
そう、高校総体のことです。
いまこの時期に県内のあちこちで、様々な競技のインターハイ予選が行われています。
昨日行った甲府の小瀬運動公園でもなにかの予選があり、駐車場に車が止められませんでした。

バレーボール部に所属している我が家の長男、飯田までその予選に行きました。
長野県は4つの地域に分かれており、ここは南信地域。
諏訪から飯田のまだ南までが同じ地域なのですが、そうすると伊那あたりでやればいいものを、飯田まで行くんですよ。何人かの保護者が送っていったそうです。

3日間の予選、負ければ即帰宅で、勝てば勝ち残りで宿泊し明日また試合。
なんとも予定の立てづらい日程なのですが、泊まり準備をして出ていきました。
3年生にとっては最後の試合になるらしく、先輩は顔色が違っていると言っていた長男は、先ほどメールをしたら、今日は泊りになったと言っていました。
ということは明日も試合。
帰ってこないのは、やれやれですぅ。
posted by もえぎ野山荘 at 17:16| Comment(0) | 日記

2016年05月12日

小瀬スポーツジム

まるで梅雨のような3日間が終わり、今日は暑いぐらいの原村です。
少々ネタがなく、さぼっておりました。あいすみませぬ。

さて今日は甲府へ仕入れに行ったついでに、小瀬運動公園内にあるスポーツジムへ行ってきたことをお話しましょう。
甲府市の南部に位置する小瀬運動公園は、広大な敷地のなかにヴァンフォーレ甲府が本拠地とするグラウンドや野球場、プールから武道館といったできないスポーツはないというぐらいの規模の公園です。
その中の武道館内にスポーツジムがあります。

以前から知ってはいたのですが、なかなか行く機会がなくようやく行くことができました。一通りのトレーニング機械がそろっています。
筋トレをすることも、ハムスターの気持ちがわかるランニングマシンや上級者向けの器具などなど、結構な規模でした。100人ぐらいは入られるのではないでしょうか。
それが公立のため340円で使えるのですよ。

昔々は、諏訪湖畔にあるすわっこランドという入浴プール付きトレーニングジムへ行っていましたが、原村からはちょっと遠い、だんだんと足が遠のいていきました。
それが仕入に行ったついでにやろうと思えるので、今度は続くでしょうか。

1時間半ほど汗を流し、シャワーを浴びて退散。
さぁて、明日筋肉痛かなぁ、あさってかなぁ。
でもお客様が来られて仕事している方が、よっぽどしんどいのはどうして・・・?

  CIMG3931.JPG
  小瀬運動公園、トレーニングジムがある武道館です。

posted by もえぎ野山荘 at 15:33| Comment(0) | 日記

2016年05月07日

御柱のかけら

何かと話題の多かった上社御柱祭。
その本宮四之柱の建御柱で、長男がかけらをもらってきました。
これ、御神木のかけらなのでみんなで取り合いになるんです。

上社御柱祭のうたい文句に
「御小屋の山のモミの木は、里へ下りて神となる」というのがあります。
だからモミの木は神様なんですよ。

建御柱をする際に多少、木を加工することがあるので現場で切ったモミの木のかけらを、豆まきや餅巻きをするように放り投げるのを、たまたま長男が手に入れた次第です。

前回に建てられた御柱は、取り外されたあとに氏子に分け与えられるのですが、なかには家の柱にする人もいるなかでもらってきた5cm ぐらいの御神木のかけら。
はたして、この大きさでご利益があるのかどうか。
いえいえそんなことを言ってはいけません、神様に大きさはありませんから大事にしましょう。

  CIMG3928.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 14:22| Comment(0) | 日記

2016年05月06日

また建御柱で・・・

最大10連休などとメディアにあおられたGWですが、本当は昨日で終わってしまいました。
そのGW最終日に、現在行われている諏訪大社の御柱祭でまた事故がありました。

本宮一之柱の建御柱で、最上部で作業をしていた人が10m以上の高さから落ちたそうです。
建御柱の行事が終わった後に登ったようで、それで落ちたとか。
こちらでは昨夜のニュースで取り上げられていましたが、朝には亡くなったと流れていました。

思い起こすのは、前回2010年下社春宮一之柱の建御柱。
柱が60°ぐらいの角度になった時に、3人落ちていきました。
この時現場にいたんです、目の前で起こったんです。
境内は騒然となりました。

柱の長さが17mといわれ、あの角度だと地面まで14、5m はあるでしょう、この高さから落ちたらどうなのと思っていたら、夜のニュースで2人亡くなったと流れていました。

その反省を踏まえ今回は命綱をつけていたにもかかわらず、事故は起きました。
詳しいことはわかりませんが、この御柱祭、毎回なにかしら事故が起こっています。
無事で終わることの方がありません。

人が亡くなっても中止や延期することがなく、この祭りは脈々と続けられるのですね。
諏訪では御柱というと、なんか血が騒ぐようなところがあります。
1000年経っても同じことが繰り返されているでしょう。
ある意味病気だわ。
それでも祭りはつづく・・・。

posted by もえぎ野山荘 at 12:12| Comment(0) | 日記

2016年05月01日

たんぽぽのジュウタン

GWまっさかり、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
ちょっとこの前半の3連休は人が少ないなぁ、という印象です。
道行く県外車は多いのですが、そんなほどでもないなぁと感じています。
高速道路も混んでいないですし、この3日からの連休の方が多いことを期待して。

さてさて、連休に関係なく花は咲いています。
小学校のグラウンドが、たんぽぽの黄色いジュウタンに染まっています。
写真写りが悪いのですが、毎年きれいだなぁと思っていて、誰が手入れしているのか、これ生徒たちが刈るのかともはたまた保護者かな、といらないことを考えつつ目の保養になっています。

暖冬だったこの冬、花々が咲きだしましたぞ。

  CIMG3920.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 16:41| Comment(0) | 日記