2016年12月28日

ようやく冬

昨日一日降っていた雨が昨夕から雪になり、今朝はバリバリツルツルで凍っています。
11月24日に20cmぐらいの積雪があって以来の雪です。
とっても大変。

今までは、秋の終わりがずぅぅっと続いていました。
今年も暖冬だと思っていたのですが、これでやっと冬になると思います。

積雪はせいぜい1cm か2cm ぐらいで大したことないのですが、凍っているのがとっても厄介。
本来なら12月初めぐらいにこういう状態があって我々も徐々に慣れていくのですが、この冬ほとんど初めてで慣れるまでとっても大変。

でも、やっと雪降ってくれました。
山の方もいい感じで、これで雪遊びができれば言うことなしです。
ちなみに今朝の気温は-5°でした。

  CIMG4702.JPG
  CIMG4703.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 09:50| Comment(0) | 日記

2016年12月25日

クリスマスケーキ

今日は25日です、
本来のクリスマスのはずですが、最近は24日なんですね。
24日の晩に、いろいろとお楽しみやサンタさんがやってくるんですね・
というのも今日の午後にスーパーなどに行くと、もうクリスマスは終わっていて早お正月の注連飾りや門松が売られていて、ずてにクリスマスは終わった感じです。

ということにめげずに、我が家では今晩がクリスマス。
と言っても特別なことはないのですが、毎年恒例のクリスマスケーキを本日作りました。

このケーキを作るのは、私の仕事。
最近は、「ええっ、またお父さんのケーキィ」という雰囲気です。
子供たちが物心ついてからは、ずぅぅっと私が作っていますからそんな感じで、「お店の方がいい」って宣うのです。
買えば2500円ぐらいはするものを。

一言いいたい、
「あのなぁ、お父さんがクリスマスケーキを作っている家庭って、日本全国どれだけあるんじゃい。」

強制的に食べさせました。
お味の方はいつもと変わらず、おいしくいただきました、ハイ。

  CIMG4700.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 19:24| Comment(0) | 日記

2016年12月23日

掃除機シリーズ第3弾

軽くてコンパクトで使い勝手の良い、三菱電機製掃除機です。
ただ文句を言うなら、隅の方を掃除するとき、もう少しヘッドが傾けられればと思います。
こちらがやや、姿勢を変えないといけないのが難点と言えば難点。
まあそこは慣れれば、大丈夫でしょう。

東芝の掃除機は、手入れが大変でした。
ヘッド部分にライトがついていて、こんなものいらんぞと思っていたら、いつの間にかライトがつかなくなっていました。
電源を切るとカタカタカタとクリーナーを掃除する音、これもやかましかった。
そういうのに比べて、三菱製掃除機は静かです。

今の日本の製品、要らないものがいっぱい付いているのですよ。
こんなもの使うかというものが多すぎます。

車が最たるものです。
今乗っているトヨタのヴォクシー。
必要のないもものがいっぱいついています。
サンバイザーのところに鏡がついていますが、その鏡のふたを開けるとライトがつくんですよ。
このなもの必要かって。

マクドナルドの24時間営業やスーパーマーケットの24時間営業もそう。
あれば便利かもしれませんが、別になくてもいいものを誰のためにやっているんでしょう。

ほとんどが自己満足なんですよね。
車なんかは、不必要なものを付けて付加価値をつけて値段を上げているわけです。
必要最小限のものだけであとは消費者に選ばせればいいのですが、そうすると作る方がリテールになりすぎて面倒くさいわけです。
そういうのが本当の消費者のためだと思いますが、これでどうだって感じでほとんどが提供する方の自己満足。

ということを消費者の方も気付いていないし、提供者も気付いていない。
必要以上の車内放送や、自主回収もそうです。
やらなくていいものばかりやっている。
7月に台湾へ行って来て思いました。

何でもかんでも「やりすぎの日本」。
もうそろそろ世界標準を取リ入れては、どうよ。




posted by もえぎ野山荘 at 11:56| Comment(0) | 日記

2016年12月22日

掃除機シリーズ第2弾

いいですよねぇ、三菱電機の紙パックの掃除機。
やっとごみを吸わない、というストレスから解放されました。

テレビやラジオで宣伝しているのは、フィルタークリーナーの掃除機ばかり。
その掃除機しかないのかって思いながら諏訪にあるエディオンに行くと、陳列されているのは紙パックの掃除機の方が多いではありませんか。

フィルターの掃除機は手入れが大変、というのが消費者がわかってきたのでしょう。
値段も20,000円も出せば十分な製品ばかりです。

ここを掃除したいのに、こちらの意志に関係なく勝手に強弱が切り替わるし、クリーナーを手入れしていないと勝手に止まるし、でいいことのなかった東芝の掃除機。
そういう心配がなくなった紙パック式、良いですよねぇ。
掃除が楽しくなりそうです。

東芝製品など2度と買うかって思うのですが、その2度と何々しないという会社、結構あるんですよねぇ。
シャープはだめだし、ソニー製品も買いたくないし、サンヨー電気はなくなりました。
三菱自動車はなぜ会社がつぶれないのかと思うし、LCCのピーチ航空も2度と乗たくない航空会社。

こうやって書いてくると、ちょっと生活に支障をきたすかもしれないと思いつつ、三菱電機の紙パック式掃除機に十分満足しているのでありました。
ルンルン。

  CIMG4698.JPG
  軽くてコンパクトで使い勝手がいいです。

posted by もえぎ野山荘 at 09:19| Comment(0) | 日記

2016年12月20日

東芝の掃除機

2012年5月にジャパネットタカタで買った東芝の掃除機、動かなくなりました。
サイクロンクリーナーと呼ばれるもので、フィルターでごみを除去するものです。
たった4年半で使えなくなりました。
30,000円ぐらいしたと思います。

このところ、掃除機のくせにオーバーヒートしていたんですよ。
フィルターにごみがつき排気がうまくいかなくなってきた、ということなんでしょうね。
2日に1回はフィルターを水洗いしていましたが、昨日ついに動かなくなりました。
またオーバーヒートかと思っていたのですが、今日はうんともすんともいいません。
どこかのヒューズでも飛んだんでしょう。

たった4年半ぐらいで使えなくなるものを作るなよ、またそんなものを売るなよ、と思います。

その当時はサイクロンクリーナーなるものが出てきて、それ以前の紙パックよりもいいぞと世間が思い始めたころ。
でもこのフィルターというのが厄介で、最近は吸引力がまったくなく、そのため「強」にするとオーバーヒートをする始末。
こちらの意志とは違って、勝手に強さが切り替わるし、止まってしまうし、ごみを吸わないんですから。
まったく使い勝手の悪い掃除機でした。

シャープやサンヨー電気、東芝など、ごたごたする会社の製品はやっぱりごたごたしますよね。
サンヨー電機は会社がなくなりました。
東芝製品など、2度と買うものかって思います。

ということで、三菱電機の紙パックの掃除機を買ってきました、20,000円也。

  CIMG4694.JPG
  写真は、東芝サイクロンクリーナーです。粗大ごみになりまし
  た。
posted by もえぎ野山荘 at 16:12| Comment(0) | 日記

2016年12月19日

鹿島アントラーズ大健闘

大健闘と言っているようでは、プロとしていかがなものかと思います。
プロは勝ってなんぼの世界ですから。

でも昨日のクラブワールドカップ決勝は、鹿島アントラーズの健闘が光りました。
もう一歩のところまで、レアルマドリードを追い詰めました。
その追い詰めたことが、「白い巨人」を目覚めさせることになったのですが、このまま勝てるかもしれないと思ったモノです。
そう思ったことが油断ですが、本気で鹿島アントラーズは勝ちにいっていましたよね。

やはりレアルマドリードは別格です。
そのなかでも、C.ロナウドはもっと別格。
延長前半のあの2ゴールは、ここぞとばかりの集中力とボールタッチ。
決定機を逃しませんねぇ、並みの選手なら外しているところをきっちり決めてきます。
だてに年収100億円は稼いでいないということですよ。

あのゴールで鹿島アントラーズの足は重たくなりましたが、国内18冠のアントラーズ、貴重な経験を積みもっと強くなっていくことでしょう。
その中でも柴崎選手は、世界が注目するようになりました。
いずれ欧州移籍をするでしょう、早ければ年明け早々に。
やはり若いうちに、世界を経験することだと思います。

しかーし、みんな現金だわ。
決勝戦だけ満員、しかも68,000人というクラブワールドカップ最多入場者数を記録。
来年から2年間は、UAEで開催されます。
もう日本に戻ってこないのが分かっていたように・・・。
もっと盛り上がっていれば、ねぇ。戻ってくる可能性はあるのに。
posted by もえぎ野山荘 at 10:42| Comment(0) | 日記

2016年12月16日

50,119人

この数字、昨日のクラブワールドカップ準決勝の観客人数の数字です。
こんなに入ってなかったでしょう。
せいぜい20,000人ぐらいがいいところじゃないですか。

バックスタンドやゴール裏はガラガラでした。
2階席は、もっとガラガラでした。
せっかく飛ぶ鳥落とす勢いのレアルマドリードが出ているのに、あんな感じでは日本サッカーの印象がた落ちです。
昨日の映像は世界180か国、地域に配信されているそうです。
ほぼ世界中の人が見ているんですね。
全体にスタジアムも静かで、レアルマドリードもこんな観客のなかで試合をするのもめずらしいでしょう。

今年のクラブワールドカップは、始まるまで知らなかったというのが本当のところ。
トヨタがスポンサーを降りたためにこうなったのかもしれませんが、世界最高の試合が見られるのにこれじゃあFIFAやスポンサーはたまったものではありません。
来年からの日本開催はなくなりましたね。

せめて日曜日に、レアルマドリードと試合をする鹿島アントラーズに頑張ってほしいものですぅ。

posted by もえぎ野山荘 at 15:33| Comment(0) | 日記

2016年12月15日

クラブワールドカップ

やりましたねぇ、鹿島アントラーズ。
昨日の試合で南米王者に勝ちました。
この準決勝で買ったのは歴史的なこと、まして決勝へ進むのは現行制度になってアジア勢としては初の快挙。
今夜の試合で勝った方、すなわちレアルマドリード? と決勝でやるわけです。

リーグ戦3位で終わったチームがチャンピオンシップを勝ち上がり、クラブW杯もしぶとく勝ち続けています。
鹿島アントラーズに伝わる、諦めないというチームスピリットですよねぇ。
横浜日産スタジアムは満員になるでしょう。

ところがところが、ここまでこのクラブワールドカップ、まったく盛り上がっていないですよねぇ。
こんなのやっていたの、という感じです。
今まで試合があった大阪吹田スタジアム、観客はガラガラです。
4万人収容なのに、1万人もはいっているでしょうか。
まったく注目されていません。

今大会から、スポンサーがトヨタ自動車から中国のアリババグループに代わりました。
例のソフトバンクの孫正義氏が資金提供をして、急激に成長した通販グループです。
その影響ではないでしょうが、まったく報道されていませんよね。
テレビ放送も今までありませんでした。
ネットで結果と、ハイライト動画を見る始末です。

開催国チームが頑張っているのにこの有様では、日本でやる意義というのが薄れてきます。
近い将来、中国で開催するようになるでしょう。

前身のトヨタカップが始まった1980年、海外の試合を見られる機会はなく、まして世界大会が日本で開かれることもなく、わくわくしてテレビを見たものでしたが、ネットの時代になり海外の試合もリアルタイムで見られるようになれば、いつの間にかその役割を終えているのでしょう。

初の決勝に進んだ鹿島アントラーズ、国内では18冠ものタイトルを取っているのにアジアでは勝てなくて内弁慶のところがありましたが、ここまで来たら是非レアルマドリードに勝って優勝だぁぁ!!
でもそれは無理ぃ、不可能ぉ、それこそ歴史が変わりますぅ。




posted by もえぎ野山荘 at 09:59| Comment(0) | 日記

2016年12月13日

カジタ式アイゼンバンド

もうすでに25年ぐらいは使っている12本詰めのアイゼン。
このバンドを替えようと思い、モンベル諏訪店へ行ってきました。

カジタ式アイゼンと言われるもので、数年前にモンベルがその会社を買収しました。
だからモンベルへ行ったのですが、当然そんな昔々のものはありません。

工場へ問い合わせて、できるかどうかお返事します、
という事だったのですが、初め1500円から2000円ぐらいすると言っていたものが、
2本で480円プラス消費税、という電話がありました。

NO と言わないですよねぇ。
たかだか480円の品物に、結構手間はかかっていると思います。
儲けはないでしょう。
このことをスポーツアルペンというお店がありますが、そこへ持って行くとおそらく「ありません」で終わると思います。

この姿勢、辰野勇社長の精神なのかもしれませんが、480円の仕事をやっていないと数万円という仕事も取れないんですよね。
30代だと思われる店員でしたがそこまでわかっていたか、あるいは私が行ったからやらされていると思ったか、定かではありませんが。

山をやっている人間、必ずなにかしかのモンベル製品をもっていると思います。
今や大阪長堀に11階建ての自社ビルを持ち、一代であれだけの会社を気付いた人物。
大したもんです。

こういうことをやられると、出費も惜しくなくなるじゃありませんか。
次は、これまた25年以上使っている冬山用ヤッケを新調しますか、モンベルで・・・。

  CIMG4664.JPG
  カジタ式アイゼン、この赤いバンドを交換します。右にある
  黄色のものに。でもこれが結構厄介で何時になるやら。冬が
  終わるかも・・・?



posted by もえぎ野山荘 at 15:56| Comment(0) | 日記

2016年12月11日

三ツ峠へ

晴れ渡り寒かった昨日、数年ぶりに三ツ峠へクライミングに行ってきました。
6年か7年ぶりぐらいだと思います。

昨今のクライミングブームで、さぞかし混んでいるだろうと思っていると、なんのなんの我々を入れて3パーティ9人しかいませんでした。
こんな三ツ峠もあるんだと若干感激しながら、登り放題の岩場を堪能しました。

11月末に雪が降ったので東京方面の方々は、こんな寒い時にわざわざ標高の高い三ツ峠なんぞに来ないんでしょうね。もつと暖かい岩場へ行くのかも。
と思いつつも、我々にとってはウキウキするような暖かさです。

普段は順番待ちで人気のルートを、待つことなく何度もトライできます。
人が来ることを心配しないで、存分に時間をかけて登られます。
人が多いと待っている時間が休憩時間なのですが、その待つ時間がないため休憩する間を惜しんで何度も登れました。

12月に入ってのこの時期、案外穴場かもしれません。
実際、岩場にとりつくと南向きのため常に太陽があってそんなに寒くないんですよね。
やっぱり、自然壁はいいなぁと改めて感じた三ツ峠クライミングでした。

  CIMG4642.JPG
  CIMG4657.JPG
  CIMG4644.JPG

posted by もえぎ野山荘 at 11:53| Comment(0) | 日記

2016年12月09日

お風呂のポンプ

お風呂の余った水を、洗濯機に入れるポンプがあるでしょ。
あれって、電源機とポンプと2つあって、そのポンプの方が使っていたら寿命で動かなくなるじゃないですか。

先日、そのポンプが水量が落ちてきたので、そろそろ替え時かと思いホームセンターを3件ばかり回りました。
ところがそのポンプだけって売っていないのですよ。
電源機と一緒にセットになっているもので、電源機はいらないんです。
ポンプだけほしいのに、それが手に入らないんですね。

こうなったらネットだわ、と思い検索しました。
これもなかなか見つかりません。
ほとんどが電源機とセットになっているんです。以前はポンプだけ売っていたのに、面倒くさいんでしょうねぇ。
最近は、世の中全部が面倒くさいものはやらないですよね。

で、やっとのことで見つけました。
ポンプだけの写真で税抜き980円だったような。
山梨県を基盤にしている「くろがねや」というホームセンター。
山梨へ行ったら見かけますよ、このお店。

喜び勇んで2つ注文しました。
数日後、荷物が届き開けてみるとなんと、電源機と一緒のものではありませんかっ。
それも2個も入っていました。
そりゃ2個注文したのですから、2つ入っているのですが、それまでの期待感が一気に落胆へと・・・。

新手の詐欺かと思いました。
ネットの写真にはポンプしか載っていないのですから。
でもよくHPを見ると下の方の仕様に、電源機と書いてあります。
そうは言ってもポンプの写真しかなければ、そうだと思いますよね。

送り返そうかと思いましたが、その送料の負担とまた地元で買いなおすのと値段は同じ。
まあ必要なものだったのでそのまま使っていますが、
これで電源機が全部で4個になりました。
それでは、これをネットに売りだそうかしらん???

CIMG4628.JPG




posted by もえぎ野山荘 at 14:27| Comment(0) | 日記

2016年12月08日

小学校のスケートリンク

小学校のグラウンドに、水が入りだしました。
グラウンド全体が、天然のスケートリンクになります。

諏訪地方はあまり雪が降らないので、スキーよりもスケートの方が盛んで、この界隈には何人もの代表クラスの選手がいます。
もっともフィギュアではなく、スピートスケートの方なんですが。

ここの小学校のスケートリンクから、2人のオリンヒック選手がでていることを思えば、この天然リンクをやることに意義があると思いますが、なにしろ最近の温暖化の影響で年々凍りづらくなっていますから、今後どうなるのでしょうねぇ。

子供たちは、気温−10℃のなかを楽しそうに滑っていますが、見ているこちらはたまりません。
真冬の朝、その様子を見る参観があって、耐えられませんでした。
でも、小学校を卒業した今は耐え難い思い出として残っています。
さてさて、今年の冬はどうなるでしょうか。

  CIMG4625.JPG

posted by もえぎ野山荘 at 13:18| Comment(0) | 日記

2016年12月04日

硫黄岳へ

今シーズン初の雪山、硫黄岳へ行ってきました。
美濃戸から、赤岳鉱泉、赤岩の頭を経由して山頂へ、それをピストンです。
行動時間7時間の、心地よい疲労感の残る山行でした。

雪はそれほど多くなく、赤岳鉱泉からはアイゼンの感触を確かめながら登ります。
この赤岳鉱泉、久しぶりに来ました。
10年ぶりぐらいのように思います。
その間、アイスクライミングがブームとなりキャンディクラッシュなどと呼ばれる巨大なアイスクライミングウォールができています。
4階建てのビルぐらいで、水を吹きかけて凍らせてその側面を登るのですが、まだそれは十分ではなく未完成。
真冬の1月2月には、多くのクライマーがとりつくのでしょうねえ。
  CIMG4600.JPG

そんな世の中の動きから取り残された10年ぶりの赤岳鉱泉、
テントの花が咲き、カモシカも出迎えてくれました。
ちょっと人慣れしているように見えましたが天然記念物、手出しは無用です。
  CIMG4603.JPG

樹林帯を抜けたところが赤岩の頭、ここまでくると北アルプスは全山見渡せ、乗鞍岳から御嶽山、中央アルプスまで、遠くは妙高連山まで見えました。

山頂は大した風もなく、人もなく静まり返っていました。
ガスにまかれると方向感覚のなくなるただっ広い山頂ですが、目の前に赤岳から横岳西壁が圧倒的にそびえたち、これはここまで来ないと見られない風景です。
  CIMG4614.JPG

下山は天気が悪くなる予報のため、そそくさと降りてきました。
いよいよ雪の季節、私の季節になりましたとさっ!!。
  
posted by もえぎ野山荘 at 19:01| Comment(0) | 日記

2016年12月03日

両角岩

ひっさしぶりに両角岩(もろずみいわ)へ行ってきました。
諏訪にある岩のゲレンデです。
南向きの岩は暖かく、12月というのに汗ばむぐらいでした。

たまには、こういう自然の岩に触れて感触を確認しながら、感覚も失わないようにしないといけないと思いました。
昨今のフリークライミングのブームですが、やはり山屋です、自然壁がいいなぁと改めて思った両角岩でした。

と、こう書くとこのブログを見て、問い合わせをしてくる人がいます。
ここは地元のクライマーが楽しむ場所です。
そういう問い合わせには、一切答えられませんので悪しからず。

  CIMG4589.JPG
  CIMG4591.JPG
  CIMG4592.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 16:20| Comment(0) | 日記

2016年12月02日

事故現場に遭遇

朝の忙しいラッシュの時に、交通事故。
大渋滞です。

駅まで子供を送っていく途中、諏訪南IC付近で車が動きません。
カーブの先で何が起こっているのか見えないのですが、たぶん事故か何かだろうと思っていると車が動き出しました。
で、見かけたのが写真の事故。
  CIMG4587.JPG  

右折車と直進車がぶつかっています。
この右側には、セイコーエプソンの正門駐車場があるので、白い車はその社員の車。
そんなに見通しの悪いところではないのですが、どうしてこんなところでぶつかるの? と思うのが交通事故なんでしようが、諏訪南IC付近にはセイコーエプソンの事業所が2つあって、セイコーエプソン村を作っています。
この事故も双方がセイコーエプソン社員かもしれません。

で、問題は電車の時間に間に合うかどうか、ということなんです。
7時38分すずらんの里発の普通電車に間に合うように家を出てきているのに、この事故の大渋滞に巻き込まれ、気が気ではありません。
5分以上待たされています。朝の5分って大きいですよね。

たまたま先頭で待たされたためしびれをきらし、ドアから身を乗り出し交通整理をしているおまわりさんに言ってやりました。
「おまわりさーん、電車の時間があるから通してくれない?!」
時刻は7時35分、現在地からはぎりぎりです。

その声を理解してくれたのかどうか、すぐ通してくれ駅まで急ぎます。
高台から駅を見下ろすようになるのですが、電車がブレーキをかけて入ってくるのが見えるではありませんか。
階段の下まで車をつけて、子供たちに走れって。
なんとか滑り込み間に合ったようです。

たまたま先頭にいたので、おまわりさんに文句を言い電車に間に合いましたが、あと何人もの人が電車に乗れませんでした。
JRの方は事故が起こっているのを知りませんから、知っていれば数分待ってくれていたと思います。
なにしろ無人駅、朝のラッシュでさえ30分に1本しか電車はありません。
乗り遅れた人はどうしたのでしょうか。
30分待って次の電車に乗ったのでしょうか。それだと遅れるかもしれませんよね。

はた迷惑な、朝の交通事故でした。
でも、おまわりさんに文句を言うなんて、関西人てイヤーねぇ。


posted by もえぎ野山荘 at 10:29| Comment(0) | 日記

2016年12月01日

イルミネーション

師走って、挨拶してますか。12月だけにかわされる言葉。
あっという間に今年も12月になりました。

都会では、クリスマスや年末の雰囲気が感じられるのでしょうが、原村でもありますイルミネーションが。
なんかやっているなぁという感じの、ひっそりとしたイルミネーション。
真っ暗闇のなかで、ボワォッと輝いているのですよ。
見る人もなくひっそりと。
気温0℃では、人も多くありません。

長崎ハウステンボスの1300万球と言われるイルミネーションって、どんなものなんでしょうか。
都会ではイルミネーションだけで人が集まりますが、原村では人とは無縁にひっそりとひっそりと。
あのにぎやかな煌々とした雰囲気、味わってみたいものですわ。

  CIMG4569.JPG
  CIMG4573.JPG
  CIMG4579.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 11:38| Comment(0) | 日記