2017年10月23日

野党の責任

結局、自民党でしたね。
変化を望んでいなくて、今のままで良いという選択です。

とはいえ、今回は野党の自滅でした。
とりわけ小池都知事と前原代表の責任は重いと思います。
ひと月前の解散の大義などは当の昔に忘れてしまい、なんで解散したのかなどという論議はさて置かれ、この二人にかき回されました。

特に小池都知事は、今までに決まってきたことをかき回すだけかき回し、その挙句元のさやに戻るということを繰り返して来ました。五輪の会場問題にしてもそうだし築地市場の豊洲移転もそうだと思います。
それが今回は一言で目論見が外れ失敗しました。
そういう小池都知事を頼った前原代表は、万死に値するのではないでしょうか。
これで政治の表舞台からは消えるかもしれません。どう責任をとるでしょうか。

この野党のドタバタ劇の間に漁夫の利を得た自民党、森友加計問題にしろ強行採決したやり方の信認を得て禊が済んだという「勘違い」をして、またまた暴走一強政治をまい進するかもしれません。

こういうのもすべて野党の責任。
東京のある区では、自民党の立候補者1人に対し野党は5人も出しているんです。
これを1対1にすれば十分議席を確保できるものを、それが出来なくて反自民票の方が多いのにまんまと自民党に議席を渡しています。
すべて野党の体たらくがまねいた結果でしょう。

投票率がどうなるか関心ですが、おそらくまた戦後最低を記録するかもしれません。
半分の人が投票をしないという先進国は、他にはありません。
投票しない人は棄権という選択をしたと言いますが、それは与党に白紙委任をしたという事です。
だから与党がどうしようが良いという事、反論できませんね。

その結果、次の衆議院選挙までの約2年半??は、信認を得たという勘違いをした与党が暴走する羽目になるのですよ。
ああ〜一体全体この日本という国は、どうしようとして、どういう方向に行くんでしょうねぇ。
いっその事、アメリカの51番目の州にでもなればいいのに?!






posted by もえぎ野山荘 at 11:09| Comment(0) | 日記

2017年10月17日

雨、雨、雨

みなさん、お住いの地域のお天気どうですか。
長野県原村は、ずぅーーっと雨です。
先週金曜日が一日中雨、土曜日は曇りだったものの、日曜日朝起きた時からずっと雨です。
かれこれ50時間以上は降りつづいています。

時間雨量にすれば5〜6mm ぐらいと多くはないのですが、それでも屋根をたたく雨音は絶え間なく、家の前の道は小さな小川のようになっています。
今日の午後は晴れ間もでるという天気予報ですが、この天気でほんとかと思いますよ。
気温も上がらず寒く、ずっと霧の中で生活している感じです。

この降り続く雨で思い出すのが、平成18年7月の豪雨。
あの時は時間雨量30mm ぐらいが、3日間降り続きました。
大水害で数名の方が亡くなり、諏訪湖があふれるという噂が流れたぐらいですから。

今回はそこまではいかないでしょうが、それでもこうも雨続きだとどこかに支障が出るでしょう。
太陽が恋しいわっ!!>


posted by もえぎ野山荘 at 10:42| Comment(0) | 日記

2017年10月13日

街頭演説

昨日までの暑さとお天気が打って変わって、今日は寒く結構な雨ふりです。
先ほど11時の気温が10℃でしたから。

さて、その暑さだった昨日のお話。
衆議院選挙の街頭演説をAコープ原村店の駐車場で、希望の党の候補者がやっていました。
時刻は午前9時半ごろ。
聴衆はいません、関係者ばかりです。
そこをマイクをもって大声で政策を訴えているのですが、単なる騒音でしかありません。

だいたいが、そのAコープ原村店は午前9時30分からが開店。
土日ならいざ知らず、平日のその時間は人はまだ動いていませんよね。
そんな人のいない時間に、どうして演説しているのと思います。
だれに向かって言っているのか。

そもそもこの候補者、長野3区から引っ越してきました。
上田小諸佐久辺りの地盤の人ですが、そこにはもう一人希望の党の候補者がいるため長野4区に引っ越してきたんですね。いわば落下傘部隊。
全く知らない人なんです。

諏訪郡は長野4区なのですが、ここには自民党の前職と共産党の新人が立候補していました。共産党の新人と言っても、長野県議会議員なので地方議員と言えどもいわば政治のプロ。

その2人しかなく、こちらとしても選択の余地がなかったところへ、選挙区を鞍替えして希望の党から立候補したのですが、はたして原村で誰に演説しているのか、これでは原村で演説したという既成事実を作っただけと言われても仕方のない候補者では、希望の党公認と言えどもどうよ、と???ハテナマークがいっぱい付くわ・・・。




posted by もえぎ野山荘 at 11:43| Comment(0) | 日記

2017年10月12日

W杯サッカー各大陸予選

今日もサッカーのお話。
W杯サッカーロシア大会の各大陸予選が佳境を迎えています。

徐々に出場国が決まりつつありますが、
南米大陸では、アルゼンチンが滑り込みセーフで出場権を獲得しました。
最終戦で勝たないと出場を逃す場面で、エースのメッシがハットトリックでなんとか予選3位に食い込みました。この試合を落とすと出場できなかったのですから、そのプレッシャーはすごかったでしょう。

その上の大陸、北中米カリブ海予選では、なんとアメリカが出場を逃しました。
7大会連続で出場しベスト8まで行ったこともあるアメリカだったのですが、予選5位で落選。

ヨーロッパでも、あのオランダが出られないんです。
2010年南アフリカ大会では準優勝したチームなのに、予選3位で出られないんです。
イタリアですら予選1位になれなくて、2位でプレーオフに回りました。
その反面、人口30万人余りの小国アイスランドが初出場。

6大会連続で出場している日本代表は、今回も予選1位で通過。
埼玉の試合で負けたオーストラリアがまさかの3位でプレーオフに回り、今度は北中米予選4位のホンジュラスと大陸間プレーオフをします。
アジアで2位までに入らないと、とんでもない試合をする羽目になるんです。

怖いですよねぇ。
W杯って強豪国でも、出場できる保証はないのですね。
なんか日本代表はW杯に出られるのは当たり前みたいな雰囲気がありますが、決してそんなことはなく簡単ではないのですよ。
そう思うと、批判ばかりしているのはどうですかねぇ。
でも批判も必要だと思いながら来年始まるW杯、わが代表を応援しようと改めて思った次第です、ハイ。





posted by もえぎ野山荘 at 16:07| Comment(0) | 日記

2017年10月11日

キリンチャレンジサッカー

今日はサッカーのお話。
昨夜横浜の日産スタジアムで、日本代表の試合がありました。
結果は新聞などに掲載の通りですが、惜しむらくは観客の入り。
日本最大のキャパのあるスタジアムだけに、昨日は空席だらけでした。
45,000人ぐらいが入ったようですが、器がデカすぎるだけに余計に空席が目立ったのですね。

だいたいが日本となじみのないハイチ代表というチーム。
世界ランクは48位なので、日本の40位と大差ないですからかなりの実力者。
ただこちらの代表メンバーが、ねぇ、あれじゃ2軍じゃない。

W杯に向けての新戦力の試験という事らしいですが、華がない。
DFは相手に詰められず、間合いがあるがために簡単にシュートを打たれ、サイドバックもクロスを上げてもその精度に難があり、あれでは3失点も当然でしょう。
クロスやコーナーキックのボールの質、あれじゃぁ点は入らないわ。
よく3点取ったなぁと思います。

昔、フランスW杯出場を決めたころの代表は、やる気がみなぎっていました。
ようやく世界の舞台に立てた、勝負出来るという所まで来たのですから。
ただ結果は散々で世界の壁を思い知らされるのですが、これからの日本サッカーを変えていくという気が伝わってきました。
が、今の若い選手はそんなことは知らず、W杯に出られるのは当たり前とでも思っているのでしょうか。

そういう所を見透かされ、観客の少なさにつながっているのではないかと思います。
選手を育てるのも観客の目であるし、選手もその目を意識しないとならないと思います。

また監督更迭論なども出てくるかもしれませんが、このままではW杯は参加することに意義がある状態で、いつまでたっても強くならないですねぇ、たぶん・・・。


posted by もえぎ野山荘 at 14:00| Comment(0) | 日記

2017年10月10日

「一見民主党だ」

この選挙戦で公明党の代表が街頭演説で言ったことば。
これ、腹立ちますよねぇ。

立憲民主党は民主党時代と何ら変わりなく同じだ、ということを皮肉って笑いを取ろうと言ったのでしょうが、こういうマイナスのギャグを公党の代表者が言うべきものではないと思います。
お前が言うな、ですよ。
人の体形や欠点をあげつらって言うのと同じ。

大体が選挙戦と言うのは批評合戦で相手の弱いところを批判しますが、それよりも自分の所はこうだと言えないのかって思います。
いえ、言っているのでしょうがそれがつたわってこない。

希望の党も失速していますね、パッとしません。
本来は安倍政治の5年間を判断するはずなのに、希望の党に民衆もメディアも振り回されています。
公示され、本来の理由を取り戻すことができるでしょうか。
思い出させてくれる何かが必要かもしれませんが、一体全体今度の選挙、我々はどうしたらいいのって言うのが本音です。




posted by もえぎ野山荘 at 13:50| Comment(0) | 日記

2017年10月05日

お月見のだんご

いくらでも書ける政治の話はちょっと置いといて、なんだか自分たちの事ばかりでどうでもいいじゃないか、国民不在の選挙だと思い始めました。

で、今日はお月見のおだんごのお話。
昨夜は中秋の名月でした。
夜空を見上げて名月、見てみましたか。
長野県原村では夕方は曇っていたのですが、夜10時ごろには晴れて名月が見られました。

朝から中秋の名月だとメディアが言っていたので何を思ったのか、そうだお団子を作ろうと思い立ち、夕食の材料を買いに行ったついでにおだんごの材料も買ってきました。

白玉粉と絹豆腐とこし餡でできるんです。
豆腐と白玉粉をまぜあわせ、お湯でゆでるだけ。
こし餡を形とよくお団子の上にのせて出来上がり。
見た目はまあまあでしたが、お団子の中心まで火が通っておらず、家族の反応はむむむ・・・。
イマイチ。

しょうがないですわ、初めて作ったためにその加減が分からなかったのですから。
来年? はちゃんとつくります。
覚えてれば、の話ですが。

ちなみに本当の満月は十六夜である今晩だそうです。
じゃぁ今夜もう一度作る・・・?
反対されるなあ。

  CIMG5703.JPG







posted by もえぎ野山荘 at 15:05| Comment(0) | 日記

2017年10月04日

排除の論理

どうですかねぇ、今週の政治は。
希望の党、先週までの熱気はなくなり、失速感が漂っていませんか。
排除するやさらさらない、次の次を、などという一言で政治というのは風向きが変わるんですね。
怖いですねぇ。
急増の設立感は否めなく、公認候補を出すにしてもドタバタでした。

本来今回の選挙は、安倍政権の5年間を総括するということでの大義ない解散を審判すると言う事だったはず。
それが、取って付けた公約がそのまま走り出し、あたかも議論をつくして練られたようになり、新党ブームより政策が大事と言い出した与党。

それに対抗するべく野党は共闘するはずだったのが、希望の党と民進党とのドタバタでそれが主役になってしまい、自民党が埋没していませんか。
誰も自民党の一強をたおすということを、声高に言わなくなりました。

惜しむべくは、新党の「風」が吹かないんですよねぇ。
希望の党も、ここは誤算だったのでは。
都知事の仕事を投げ出して国政に参政するのは世論の支持を受けられなく、思い付きで発した言葉に状況をがらりと変えられて苦戦していると思いますが・・・。

この野党のドタバタを、対岸の火事としてみている与党。
このままでは、また与党が利するだけです。
5年間やってきたこととなんらかわらなく、また一強がつづくわさ。




posted by もえぎ野山荘 at 15:56| Comment(0) | 日記