2017年10月23日

野党の責任

結局、自民党でしたね。
変化を望んでいなくて、今のままで良いという選択です。

とはいえ、今回は野党の自滅でした。
とりわけ小池都知事と前原代表の責任は重いと思います。
ひと月前の解散の大義などは当の昔に忘れてしまい、なんで解散したのかなどという論議はさて置かれ、この二人にかき回されました。

特に小池都知事は、今までに決まってきたことをかき回すだけかき回し、その挙句元のさやに戻るということを繰り返して来ました。五輪の会場問題にしてもそうだし築地市場の豊洲移転もそうだと思います。
それが今回は一言で目論見が外れ失敗しました。
そういう小池都知事を頼った前原代表は、万死に値するのではないでしょうか。
これで政治の表舞台からは消えるかもしれません。どう責任をとるでしょうか。

この野党のドタバタ劇の間に漁夫の利を得た自民党、森友加計問題にしろ強行採決したやり方の信認を得て禊が済んだという「勘違い」をして、またまた暴走一強政治をまい進するかもしれません。

こういうのもすべて野党の責任。
東京のある区では、自民党の立候補者1人に対し野党は5人も出しているんです。
これを1対1にすれば十分議席を確保できるものを、それが出来なくて反自民票の方が多いのにまんまと自民党に議席を渡しています。
すべて野党の体たらくがまねいた結果でしょう。

投票率がどうなるか関心ですが、おそらくまた戦後最低を記録するかもしれません。
半分の人が投票をしないという先進国は、他にはありません。
投票しない人は棄権という選択をしたと言いますが、それは与党に白紙委任をしたという事です。
だから与党がどうしようが良いという事、反論できませんね。

その結果、次の衆議院選挙までの約2年半??は、信認を得たという勘違いをした与党が暴走する羽目になるのですよ。
ああ〜一体全体この日本という国は、どうしようとして、どういう方向に行くんでしょうねぇ。
いっその事、アメリカの51番目の州にでもなればいいのに?!






posted by もえぎ野山荘 at 11:09| Comment(0) | 日記