2018年01月02日

鳳凰三山

正月2日、今日もいいお天気で気温も寒くなく穏やかなお正月です。
さて今日は、年末に行った山のお話。

そもそもは親族に2人受験生がいるため、オカンが「今年は帰省しなくていい」と言ったところから山へ行こうと思い立ち、12月30日、31日と1泊で山岳会の仲間と二人で行ってきた次第です。

1白で行けて大してしんどくもなく人もいて、というようなことから鳳凰三山へ行くことになりました。
山でのテント泊は14、5年ぶりです。
キャンプや野宿、車中泊、山小屋泊はしているのですが、山でのテント泊となるとそれぐらい空いているように思います。
が、昔取ったなんとやら、全く心配することなくすんなりとテント泊はできました。
まぁ人生において数百泊はテント泊はやっていますから、いまさら初心者でもあるまいし、ですよ。

それでそれでやっと山のお話。
南アルプスの夜叉神トンネルまでは車で入れます。
駐車場は満車かと思っていましたが、まだまだ車は止められそうでした。案外人は少ないのか、と思います。

午前7時半から歩き出しました。
ここから薬師岳までの往復で、泊まりは南御室小屋というところ。
小屋までは、コースタイムで6時間です。それがずぅぅっと登り。
これが結構な登りでキツイ、山岳会の仲間からは長いと聞かされていましたが、地図を見てもそれはわかっていたのですが、実際に経験すると5時間以上登りなんですから、最後の方はイヤになりました。

歩き出して10分ほどで雪が出てきましたが、アイゼンを着けるほどでもなく結局南御室小屋までアイゼンなしで歩けました。
それでもコースタイムより若干早くに小屋に到着、時刻は午後0時40分ごろです。
いゃあ頑張りました。
20kg以上の荷物をもっての歩きでこのスピードなら上々です。
まだまだテントを持てるわって実感しました。

そそくさとテントを設営して、時間が早いため薬師岳へ登ろうとなりましたが、長くなりますしこれはこれで書けそうなので明日にしたいと思います。

  CIMG6010.JPG
  登りの夜叉神峠からの白根三山、右から北岳、間ノ岳、農鳥岳です。
  CIMG6018.JPG
  薬師岳山頂、この時点で午後3時、早く下りねばと思っているところ。
  CIMG6028.JPG
  2日目の辻山という展望台での白根三山、雲がかかってきました。


posted by もえぎ野山荘 at 10:53| Comment(0) | 日記