2018年01月09日

野鳥が来ません

庭に出る下駄箱の上にヒマワリの種を置いて1週間、まったく野鳥が来た気配がありません。

冬場は食べ物が少なくなるため、毎年のようにヒマワリの種やアワやヒエなどを巻いておくのですが、今冬はまったく野鳥が来ないんですね。
種を置いてから野鳥たちに知られるまで2、3日かかるのですが、それを過ぎても気配が感じられないのです。

自然界で何が起きているんでしょうか。
留鳥であるシジュウカラやカワラヒワ、冬鳥のミヤマホオジロなども全く姿を見せないのですよ。
普段だと、これらの鳥たちがヒマワリの種を奪い合うように行動するのに。

そういえば、諏訪湖にハクチョウは来たんでしょうか。
そういう記事も目にしないですし、いったい普段と違う冬が来ているんでしょうね。

  CIMG6063.JPG
  まったく食べられた形跡のない下駄箱の上のヒマワリの種

posted by もえぎ野山荘 at 11:01| Comment(0) | 日記