2018年12月09日

茅が岳

晴れ渡った昨日、韮崎市の北にある里山、茅が岳へ行ってきました。
このところ週末は晴れていて寒くもなく、予約も入らずヒマで山登りが出来ていますねぇ。
いいのかわるいのか。

さてその茅が岳。
山梨百名山に選ばれていて、12月に入ったというのに結構な人が登っているんです。
10数年前に家族で登ったことがある以来で、2回目。
山頂は360° の展望が得られ、八ヶ岳から南アルプス、富士山、北の方には金峰山や瑞牆山なども見られて、ちょうどいい里山なんですね。
行動時間も4時間半ぐらいで、朝7時の集合で午後2時半には高速を通らず下道を使って戻ってこられました。

最近の山行と言えば、真っ暗なうちに集合して途中で陽が昇るパターン。
ゆっくりと朝食を食べてからの陽が昇ったあとの集合で、山歩きが出来ました。
たまには、こういう山行もいいなぁと思った次第です。

ちなみにこの山、百名山を制定した深田久弥が1971年3月に脳梗塞で倒れた山としても知られています。
小さな「深田久弥終焉の地」という碑が登山道脇にあります。

  DSCN0028.JPG
  DSCN0027.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 12:35| Comment(0) | 日記