2019年01月08日

大倉高原山の家のキャンプ場

山行で宿泊する場合は、基本テント泊になります。
冬場でも雪の上にテントを張ったりします。
小屋に泊まっても、なんか捨て銭になると思うんですよねぇ。

日本の山小屋は、世界でも最低です、それもダントツの最下位だと思います。
せんべい布団で食事はまずく、大したものではありません。
海外の山小屋では、ちゃんとした食事と清潔なシーツで寝られます。
まぁその分チップなどの費用は掛かりますが、それでも十分満足のいくことです。

それに引き換え日本の山小屋は、営業努力をしなくてもお客さんがやってくるし、下界では考えられないことでも山では仕方がないとなって、誰も文句を言いません。
それもおかしいと思いますが、そうであるなら自分で何でもやろうということで、テント泊になるんです。

で、丹沢でもキャンプ場を探したら、なんと丹沢山域全体でキャンプ禁止、ということが分かりました。
これはキャンプをするとごみなどが散乱し汚れるという先入観からだと思いますし、首都圏にありキャンプを許可すると際限なくテント場か増えるという観点からだと思います。
が、実際には登山者が利用するテント場というのは、そんなに汚れてないですよ。みんなルールを守って綺麗に使っています。

その丹沢山域で、唯一のキャンプ場が大倉高原山の家のすぐ上にあるテント場。
あの広大な丹沢山系で、ここにしかテントが張れないんです。
ただ問題は水がない、ということ。

この大倉高原山の家は、平成29年11月30日をもって閉鎖されたがために、水場が無くなりました。
閉鎖の理由は、ネットでは税金が払えなくなったとかありましたが、定かではありません。
20坪ぐらいの小さな小屋なので影響力はそんなにないと思いますが、水がないのは生活できませんから仕方なく原村の水を5リットルもってあがりましたよ。
それで何とか、糊口をしのいだ次第です。

トイレもすぐ近くにありました。
山のトイレは普通、ここでは書ききれないぐらいの汚さですが、すんごい綺麗でした。
手入れされていましたね、十分問題なく使えました。

ちなみに、大倉高原山の家が閉鎖されたがために、利用料は無料。
秦野市は、利用者個人で責任をもって使用してほしいという立場です。
落ち葉で土が隠されていて、ふわふわでいいキャンプ場でしたよ。

最後に12月30日の夕食は、魚介類のアヒージョと牛肉のすき焼きでした。あとビール。
ね、山小屋よりずっといいでしょう?!

DSCN0138.JPG
 青いテントが我々のもの、他に3張ありました。
DSCN0139.JPG
  テント場の注意書き


posted by もえぎ野山荘 at 10:34| Comment(0) | 日記