2019年01月10日

そうだ金剛山に登ろう!!

ということで、金剛山に登って来ました。
どこよそれ、なんですが大阪府と奈良県境にまたがる標高1125m の山で、大坂府の最高峰。大阪府民に親しまれている里山なんです。

実はこの正月、元日から4日まで実家に里帰りしていました。
受験生のいる我が家、女房殿の「お父さん、何もしないんだから実家へ帰っておいで」という一言で、別に帰る必要もなかったのですが、一人さみしく里帰りした次第です。

その途中にそうだ金剛山に登ろうと思い立ち、20数年ぶりに登ってきました。
小学生のころから何度となく登っているのですが、平成7、8年を最後に行っていませんでした。

というのも、昨年NHK の「ドキュメンタリー72時間」という不定期? でやっている番組に金剛山頂で登ってくる登山者をインタビューしていたんですね。
その登山者の目標の一つに、毎時0分に撮影されるネットカメラに映るということがあったんです。
「金剛山で今、そんなことやっているのか」と思いながら見ていました。

このカメラがない時は、今日は霧氷が見られますかとか、雪ですか、とかひっきりなしに山頂にある社務所に電話がかかってきていたとか。
カメラを設置してからは、ネットで状態が分かるものですから、みなさんバッチリだそうです。

で、1月3日の午前10時ごろから登り始めました。
11時のウエブカメラは無理だろうと思っていたのですが、5合目で10時半、こりゃ行けるかもしれないとそれから飛ばしましたよ。
数分遅れたら、1時間待たないといけませんから。

11時の2、3分前に山頂に到着しました。でも、撮影場所がわかりません。
大坂平野が見えていたのでそちらの方へ行くと、すでに20人ぐらいがベストポジションで並んで待っているではありませんか。
仕方なく後ろの方へ、ここで映るのかなあと思いながら、隣にいたおじさんに「何かシャッターの合図はあるんですか」と聞くと、「特になくみんな固まっている」との返事。

しばらく固まっていたら、誰かの携帯から時報がなって数秒後に解散になったのでした。
みなさんよく知っています。
下りてくる人がアイゼン持っていたので雪かと思っていたら、6合目ぐらいから登山道は圧雪状態。
一日に多い日で数千人は登るでしょうからアイゼンが必要なんですが、そんなことつゆほども思いませんでした。ノーアイゼンで登り下りるはめになりました。

山頂は気温−2℃、霧氷も見られました。
そういえば、中学生のころ耐寒遠足で冬にきたなぁと思いながら帰路につきました。

下山後、ネットを確認すると後ろの方にポツンと写っていましたよ。
ちなみに24時間しか保存されないらしく、今は見られません。1月3日のお話でした、チャンチャン。

  DSCN0170.JPG
  金剛山頂にて、雪のなか
  DSCN0172.JPG
  この上あたりにウエブカメラがあります。奥に山頂看板が見えます。
  DSCN0174.JPG
  山頂部分は霧氷が見られました。

posted by もえぎ野山荘 at 10:50| Comment(0) | 日記