2019年02月18日

アイスクライミング

昨日行った入笠山、パノラマスキー場のゴンドラを利用して行くのですが、その山頂駅を降りたところに手作りのアイスクライミング場があります。
1月下旬に行ったときに気付きましたが、昨今のクライミングブームで今年初めて作ったようです。

こちらの地元紙にも載っていましたが、いつになったら使えるようになるのか、もう2月も下旬になろうとしているのにと思っていたら、昨日は「体験会実施中」と書いてあって何人かが登っていました。

高さ7m ぐらいでしょうか、何本かのザイルが通してあります。
お客様と一緒だったので、問い合わせすることもなくやっている人を眺めていましたが、こういうのって登れるんですよね。

アイスパイルと言われるピッケルとはちょっと違った斧のようなものを両手に持ち、12本詰めのアイゼンをバンバンと氷に蹴り込み、腕の方は肘を支点にパイルを氷にさすと簡単に固定出来て岩を登るよりも易々と登れるんです。
同じようなものが赤岳鉱泉の前にもあります。
こちらの方が規模は大きく迫力があります。

が、こんなものいくらやってても、自然の氷に行かないとダメなんですよ。
クライミングボードもそうで、自然岩でやるのとは全く違うんです。
全然違うんです。
その差はうまく言えませんが、野球の硬球と軟球ぐらいの差はあると思います。
軟球でいくらやってても、硬球をつかえないと評価されないじゃないですか。
そういうもんなんです。

凍った滝や岩を求めて道なき道を行ったりもしましたが、手軽に気軽にできるのは良いことなんですが、なんかねぇ、もっと頑張れよ、もっとハードにやれよって思うんです。
ちょっとM かなぁ。

いづれにしろ、スノーシューツアーが終わってしまったので、もうゴンドラ山頂駅へ行くことは今シーズンはないですよねぇ、残念!!。

  DSCN0299.JPG
  DSCN0301.JPG






posted by もえぎ野山荘 at 14:18| Comment(0) | 日記