2019年03月11日

8年前のあの日

8年前の今日、みなさんはどう過ごしていましたか。
金曜日だったですよね。
だから東京では、みんな家に帰ろうとして道路が大渋滞になりました。
あれ、他の曜日だったらまた違っていたと思います。

そういう私、スキー場のゴンドラに閉じ込められていました。
スノーシューツアーで入笠山へお客様を案内し、富士見パノラマスキー場の下りのゴンドラに乗っていたんです。
その時突然、ゴンドラが止まりました。
初めは風で止まったと思ったのですが、しばらくして備え付けの無線を開けるとそこで初めて地震のため止まっている、ということが分かりました。

15分ぐらいで動き出しましたが、ああいう密室に閉じ込められ逃げ場がないということは、あまり気分のいいものではありませんね。エレベーターに閉じ込められるのも同じだと思います。

下の駅についた時、係員のおばさんが
「すいません、止まりまして」というものだから
「震度はいくつですか」と尋ねると、4か5と言うではありませんか。
ここで震度4か5というとこれは大きいぞ、と思って車へ戻ってラジオをつけると「宮城県北部震度7」

この時、ゴンドラ山頂駅に予定より早く戻ってこられたんです。
時間があったので、山頂駅のレストランでお茶してたんです。
それで地震にあったものですからそれがトラウマになり、その後は戻って来たらさっさと下りるようになりました。

まだ8年なのか、もう8年なのか。
あの地震を知らない小学生が増えているそうです。教えていかないといけませんね。
津波で被害にあった原発事故は、なんら進展していません。
手つかずのまま。
処理の決まっていない汚染水が増え続けるだけで、どうするんでしょうか。
関心が薄れているように思います。

また地震、起こりますよ。
日本列島、地震から逃げられません。
空いているのは、東海道沖から紀伊半島、四国沖にかけての地域。
必ず、この地域を震源とする地震は起こります。
そのためにも、備えをしっかりと準備しておきましょう。






posted by もえぎ野山荘 at 14:28| Comment(0) | 日記