2019年03月22日

スマホのプラン変更

イチロー選手が引退を表明しました。
今回のメジャーの日本開幕戦で、そんな予感がしていましたよね。
キャンプ中から1本もヒットが打てず、そうなるんじゃないかと思っていました。
僕が言うまでもありません、偉大な選手でした。

さてさて、話は変わって春は様々なことの変化が起きます。
卒業式入学式や引っ越し、人事異動などなどの季節、我が家の子供たちもそれぞれ進学します。

その中で以前から携帯の電話代が高いなぁと思っていたので、ちょっと変えてみようと思い、今週初めから動いていました。
家族4人で、月に20000円以上使っています。携帯会社は au 。
それも夫婦は未だガラケーなのに、ですぞ。
だから二人の子供で、15000円ぐらいはかかっているんですね。

そこをちょっとでも安くしようと、いま流行りの格安スマホなる物に替えようと思い立ち、携帯ショップへ行ってみたんです。
mineo、Y mobile、UQ mobile へ行きました。

結論から言うと、乗り返えしてもあまりメリットはなく、その手続きが大変だという事です。
月々1980円からできますぅ、みたいな宣伝をしていますがそれは客寄せのためで、まず無理。
それに2年縛りの呪縛があって、今交換すると違約金が10260円かかると。それに機種変更すると、月々の支払いは5000円以上します。

長い目で見れば、10260円払っても元は取れるのでしょうが、格安スマホに替えることで出来ないことが増えてきて、満足度が落ちてしまうように思いました。

携帯の名義人でないと変更できないと言われるし、格安スマホに替えるには機種変更しないとできないと言われるし、消費者にとっては携帯会社を替えたり機種を変更するのは、なかなかどころかかなり大変で労力がいることが分かりました。携帯ショップの待ち時間は超長いし。
そんなに大変なら今の au のままでプランを少し安くするのにしましょう、という結論です。

もう、がんじがらめに縛られているんですよ。
今の日本社会の縮図です。
いったん、派遣社員などになってしまうと抜け出せないですよね。
正社員になるのは至難のわざ、まずなれないじゃないですか。
それと同じ。

高校入る時に持たせたのですが、その当時は何も考えてませんでしたよね。
販売店の言いなりにならずに、もう少し勉強しておけばよかったと思っても後の祭り。
この携帯会社の呪縛から、逃げ出す方法を考えないと。

というわたくし、未だガラケー。
2022年に今の3G の電波が使えなくなるという勧誘が来ているんですが、スマホにしようかまたガラケーを契約しようか、悩むわぁ。







posted by もえぎ野山荘 at 10:40| Comment(0) | 日記