2019年05月31日

甲武信岳 (こぶしだけ) 2475m

晴れ渡った昨日、百名山の一つ甲武信岳へ山岳会の仲間と行ってきました。
千曲川の源流があり、この季節はにはシャクナゲが咲くことで知られています。
甲武信岳とはよく名付けたもので、山頂が甲州(山梨県) 武州(埼玉県) 信州の県境にまたがっているのです。
誰が考えたか、ま、みごとな当て字ですね。

前々から源流へ行ってみたかったのですが、ただ日帰りで行くと行動時間が9時間を超えるためなかなかいけませんでした。
それを山の会の仲間をたきつけて、3人で行ってきた次第です。

天気よく風なく絶好の登山日和。
ただ平日にも関わらず駐車場は3分の1ぐらいは埋まっていて、結構人は多かったです。
土日だと車は止められないぐらいにはなるのでしょう。

登山口から3時間ぐらいかかってようやく源流へ到着、ちょっと水がなくがっかりでした。
これが千曲川から信濃川へと至る川の源流か?? という感じでした。

そこから1時間弱で甲武信岳山頂へ。
大休止のあと、十文字峠の方へと周回コースをとります。
これがきつい。
アップダウンの連続で、岩場あり鎖場ありハシゴありとすったもんだの末、予定より1時間遅れで十文字小屋のある十文字峠へと到着しました。
この峠、かつては武州(埼玉県)と信州をつなぐ峠道だったようです。

小屋の周りには申し訳程度のシャクナゲガ咲いていました。
ちょっと満開には1週間ぐらい早かったでしょうか。

この時点で出発から8時間かかり、午後3時。
駐車場まではまだ1時間半かかり、這う這うの体で下山してきたのが午後4時20分ごろ。
実に行動時間9時間20分の、最近では珍しい長時間行動でした。

おかげで今日は心地良い疲労感に包まれています。
まあ、百名山登頂がひとつ増え、千曲川の源流にも行け新緑も楽しめたので満足満足の山行でしたっ。

  DSCN0681.JPG 甲武信岳山頂にて
  DSCN0693.JPG
  DSCN0694.JPG




posted by もえぎ野山荘 at 09:21| Comment(0) | 日記

2019年05月29日

もうひとつの巣箱

で、昨日の続きですが、一度に書くと文章が長くなるのとネタを持たせるために2日に分けました。悪しからず。

昨日お伝えしたもう一つの巣箱、卵が二つありました。
これちょっとおかしいんです。
本来シジュウカラは、5、6個から10個ぐらいの卵を産みます。
そうでないと、自然界では種の保存ができないんでしょう。
それは過去5年の観察から分かるんですね、2個なんてありえないんです。

それに巣箱を覗いた時点で、親鳥が卵を温めていないといけません。
そこに人間が来たことで逃げ出すのならまだしも、卵が放ったらかしでした。
卵を温めることを放棄したような感じ、です。

何があったんでしょうか、なにか温められない事情があるんでしょう。
というと、この巣箱に人間が来るのが分かっていたようですが、今シーズンは昨日が初めての「覗き」でしたので、それは当てはまらないように思いますぅ。

直径1cm ぐらいの卵、2週間ぐらいは温めないといけないようですが、今後どうしましょうか。
とりだして新たに他のシジュウカラが来るのを待つか、ほおっておけば何とかするのか、これもしばらく観察しましょう。
極力、人間は関わらないようにした方が良いと思うのですが、それが我慢できないのですよねぇ、悩ましいわぁ〜。

  DSCN0672.JPG
  上から見たところ、小さな卵が2つあるのが分かりますか。


posted by もえぎ野山荘 at 09:29| Comment(0) | 日記

2019年05月28日

シジュウカラの巣箱

昨日の夕方、シジュウカラが結構鳴いていたので、なにかあったのかと思い巣箱の方を見ると、なんと巣の入口から空が見えるではありませんか。
ということは、側面に板がないということ、例えるなら家の壁がないという事です。

この巣箱も、長男が小学校3、4年生ころに理科の授業で作ってきたもの。
10年近く前のもので、結構「老朽化」しています。

こりゃ大変と思って急いで脚立をもって行き、地面に落ちていた板(カベ)をガムテープで補修してやりました。
中を見ると卵を産むべく準備をしていました。
どこからか綿のようなものをもってきてふかふかにして、その上に卵を産んで温めるんです。
それが出来ていました。

シジュウカラが出入りしているのは気付いていたんですが、突然壁がなくなって驚いたことでしょう。
その後どうしたのでしょうか、このまま卵を産んでくれればなぁと思います。

この巣箱、過去5年にわたって巣作りをしてくれています。
毎年楽しみにしていて、あっ今年もシジュウカラが出入りしているなぁと思っていた矢先。
いきなり家の壁が崩れたんでは、普通はその家に住もうとは思わないですよね。さてさてどうなりますやら、しばらく観察してみましょう。

と思ってもう一つある巣箱に脚立を立てて覗いてみると、そこには卵が2つ。
長くなりました、続きは明日に・・・?

  DSCN0664.JPG
  側面「壁」がなくなったところ。下には苔のようなものを入れて、
  その上に綿のようなものを敷き詰めています。
  DSCN0668.JPG
  中央をくぼませて、そこに卵を産みます。その準備ができています。
  DSCN0671.JPG
  ガムテープで「補修」しました。そろそろ「新築」せねば。

  
posted by もえぎ野山荘 at 08:59| Comment(0) | 日記

2019年05月27日

「おもてなし」とは?

3泊4日で何をしにきたんでしょうか、来日中のトランプ大統領。
昨日の大相撲観戦なんか、明らかに迷惑じゃなかったですか。

入場してくると、館内は力士そっちのけで異様な盛り上がり。
明らかに次の取り組みを待っている力士には失礼、それも千秋楽の「これより三役」のまえに入場するかぁ。
相撲を見るなら「中入り後」の取り組みから見るべき。

本来お茶屋さんが独占している升席でも、4席つぶしてそこに椅子を持ってくるとは、呆れますよねぇ。
周りをSP が取り囲み異様な光景でした。

相撲好きで知られた昭和天皇でさえも、升席には座れず貴賓席で観戦していたのに、大統領の一声でこうなるとは。
悪しき前例を作ってしまったように思います。
今朝の新聞でもあまり芳しい評判は聞こえてきませんね。

昨日は一日遊んでいたみたいですが、今日は天皇陛下への謁見や首脳会談があるようですが、3泊もする必要があるのかどうか。

これ、お互いがお互いの思惑があるようです。
参議院選挙を控えている首相と次の大統領選挙で再選を目指す大統領と、それと日米関係の蜜月ぶりを諸外国へのアピール、とりわけ韓国中国へのあてつけ、国内への外交成果の強調などでしょう。

今回の訪日でいったいいくらの費用が掛かっているのか。
トランプ大統領の訪問先でない場所までの異常な警戒、ちょっとやりすぎですよね。

「おもてなし」とは、相手の心に響くものだと思います。
表面上は楽しんでいるように見える両首脳ですが、はたしてどこまで心を許しているのか。
今後の日米関係、貿易摩擦などが大統領の言いなりにならなければいいのですが・・・。
それなら単に利用されているだけですから。


posted by もえぎ野山荘 at 08:57| Comment(0) | 日記

2019年05月24日

あぁ、iPad が・・・

ショックですぅ。
マレーシアへ行く前に購入した iPad、その画面に昨日ひびが入ってしまいました。

iPad の上にコップを落としてしまったんです。
画面の端の方だったので見る分にはそんなに支障はないのですが、それでも約5年使ってきたのでそれなりに愛着もあり、ちょっとへこみました。

4年前のマレーシア行き、最近の海外旅行はタブレットかスマホがいるだろうと思い、スマホは画面が小さすぎるため老眼の身にはきついと思って iPad を購入しました。
一番レベルの低いもので、その当時35000円ぐらいしたと思います。

その iPad を持って台湾にも行き、アフリカ キリマンジャロ登山の際には現地からFacebook やこのブログにもアップしました。
今やなくてはならないものになっています。
その画面にひびを入れてしまうとは、ああ後悔。

ただ最近は動画が途中で見られなくなったり、写真の多いHP は開けなかったりと、ちょっと古く使いにくいところがあると感じていました。
もう5年も前のものですからそれは仕方がないなぁと思っていましたが、でもちょっと壊してしまうと残念ですよ。

そんなに気にならない範囲ですから、まだ十分に使えます。
ま、セロテープ貼っていれば大丈夫でしょう。
ということで、次の海外旅行にも持って行きましょうか、ハイ。
残念ながら写真を撮っても写りそうもないのでありません、あしからず。



posted by もえぎ野山荘 at 14:17| Comment(0) | 日記

2019年05月21日

世紀の大誤審

サッカーJ1リーグで先週大誤審がありましたね。
17日金曜日の、浦和レッズ対湘南ベルマーレの試合。
いまだこの話題が収まりそうもないので、ちょっと書きたいと思います。

明らかに誰が見てもゴール、観客も選手もわかっていたのですが、分かっていなかったのがその試合の審判団でした。
ポストに当たってゴールをわったボールが、ネットの外に置いてあった水筒に跳ね返って戻ってきたのを、ノーゴールという判定。

ま、人間ですから誤審はあるのですが、それを間違っていましたと認めることも大事だと思います。
審判の権威か何か知らんが、それに固執して自分の判断が正しいと間違いを認めないということが問題。

この主審、30代半ばでJリーグのなかでは若手のホープとして期待されているようですが、一方一部のファンの間では「誤審魔」としても知られているようで、それだけ誤審が多いんですね。
で、この主審の処分は必至と思っていたら。今朝の新聞では2週間の割り当て停止、と書かれていました。
そんなんでいいのか、もっと勉強させい、と思うのですが。

それにひきかえ、湘南ベルマーレというチーム、こういうチームなんですね。
なんともたくましいじゃないですか。大逆転勝ち!!
この試合を美談にするのはよくないと思いますが、8季目を迎えている現監督の姿勢がチームにしみわたっています。

この湘南ベルマーレ、J1とJ2をいったりきたりして優秀な選手が出てくると、その選手をメジャークラブに引き抜かれ、という歴史を繰り返しています。
プロ野球広島カープと同じ。
当然優勝争いを演じることもなく、下位と中位をいったり来たり。
育成型のクラブとして生き残る術をつかんでいるのでしょうが、こういうチームが優勝争いをすると地域は盛り上がるし面白いのになぁと、思いまっす。

それにしてもあの主審、Jリーグはもっと教育せい。





posted by もえぎ野山荘 at 09:15| Comment(0) | 日記

2019年05月20日

やっと撮れたぁ!!

土曜日のブログで、田んぼと夕陽の写真が撮れないと嘆いていましたが、昨日その写真が撮れましたぁぁ。

やはりこの土日はあちこちで田植えをやっていました。
たぶんこれが最後のチャンスと思い夕方を待っていると、なんと晴れているではあーりませんか。
急いでカメラを持って、茅野市泉野の上槻木大橋まで走りました。

ちょうど太陽が沈もうとしているところ。
橋の欄干に登り、金網の上から撮った写真が下のもの。

写真ではわかりませんが、田植えは終わっています。
これ、1週間も経つと稲が成長して鏡のような田んぼには見えないんですね。
最後のチャーンス!!

で、取りましたが、去年の方が良かったなぁ。
こればかりは自然相手ですから何ともなりませーん。
それともカメラの腕かぁ??
  
  DSCN0628.JPG

posted by もえぎ野山荘 at 09:46| Comment(0) | 日記

2019年05月18日

ああ、夕陽の写真が・・・

この土日、諏訪地方では多くの田んぼで「お田植」が行われます。
農家にとっては一番大事なこと、今や兼業農家ばかりですから土日に集中します。

この土日に田植えをしようと、先週から田んぼに水が入りだすんですね。
その田植えまでの田んぼの様子が鏡のようでキレイなんです。

その鏡に映るべく夕陽の写真を撮りに行くのですが、今年は3日間通ったのに全く雲で夕陽の写真が撮れませんでした。
ああ、残念。
昨年の様子が下の写真。
  CIMG5337.JPG
この景色に気付いたのが今から10年ぐらい前、子供の習い事の送り迎えの時に遭遇しました。
それ以来、毎年のこの時期の田植え前の数日にしか見られないこの景色を、楽しみにしていたのですが、今年は雲ばかりで夕陽が見られず。
田植えが始まると鏡のように見えないんですよね。

ということで、今年の写真は下のものです。
この写真でFacebook もホームページのトップ写真も展開することになります。
まだ雲が映っているだけマシかなぁぁ。
  DSCN0590.JPG
  
posted by もえぎ野山荘 at 11:42| Comment(0) | 日記

2019年05月17日

「松本走り」

全国各地で悲惨な交通事故が続いていますが、そういう中で「ご当地走り」というものがあるとワイドショーなどで取り上げられていますよね。
その中に「松本走り」というものがあると、初めて知りました。

右折する車が強引に曲がっていくというもので、城下町だった松本の道路の狭さがそうさせているところがあると分析されています。
確かにお城近辺へ行くと一方通行だらけ、そこに見えているのになかなかたどり着けないということがあります。

が、これ僕に言わせるとちゃんちゃらおかしいわ、ってなります。
何が強引な右折なのか、そんなの普通。
俺の方がもっと危ない運転してるって、思うのですよ。
自覚があるなら改めなさいって言われるでしょうが、大体が長野県民は運転が下手、下手くそもの。

ちんたらちんたら、周りが見えてなくて青信号になっても動きません。
だからあおってやっても後ろを見ていないから無駄、追い抜いていくしかないんです。
常にあおっている、常に追い抜こうとしている僕からすれば、「松本走り」なんてかわいいものです。

こんなこと言っていたら、いずれ事故を起こしますよね。
でもおっそいわぁ、サッサと走れって。
毎日そう思いながらイライラしながら運転しているんですよ。
精神的に悪いで。
でも、交通ルールは守りましょう。

posted by もえぎ野山荘 at 14:54| Comment(0) | 日記

2019年05月16日

諏訪信金のATM

公共料金の支払いを諏訪信用金庫にしているのですが、昨日は電話代の支払日でした。
それをすっかり忘れていて、気が付いたのが午後7時ぐらいの夕食を食べようとしているとき。

役場のところにあるATM は午後9時ごろまで明かりがついているので、夕食食べてからATM へ行って入金しましょうと思い、夕食後午後8時ぐらいに役場のATM まで行きました。

が、ガガーン!!
なんと諏訪信金のATM だけ取り扱いが終わっているではありませんか。
午後7時までの営業時間。
ほかの2つの金融機関は午後9時まで稼働しているのに。

あっ終わった。
わざわざ役場まで車を走らせたのに、元の木阿弥。
結局、電話代は支払えずじまい。

ま、NTT、引き落とせなかった口座などわんさかあるでしょうし痛くもかゆくもありませんが、役場の3つあるATM で諏訪信金だけが取扱時間が短いとは。
そこが腹立つぅぅ。
いえいえ、もっと早い時間に行くべきでした、ハイ。

ところで電話代はどうなるでしょうかねぇ。
来月2か月分引き落とされるのでしょうかねぇ、延滞金が発生するのでしょうかねぇ。
そこが心配だわ。



posted by もえぎ野山荘 at 14:02| Comment(0) | 日記

2019年05月14日

MARLOWE のプリン

みなさん、葉山 横須賀にあるビーカープリンのお店「MARLOWE」をご存知ですか。
ビーカーに入った大きなプリンが有名かつおいしいという、評判のお店です。

今朝 FM長野のラジオ番組を聞いていて、リスナーが母の日に息子からそこのプリンをもらってうれしかった、と投稿していました。それをすかさずパーソナリティが、MARLOWE のビーカープリンですねと反応していたんです。
横浜 湘南方面の方々にはよく知られていても、さすがに長野県ではと思っていましたが、ラジオ番組で取り上げられるとはちょっとびっくりです。

そのプリン、ウチの宿で食後にお出しするプリンと同じというお声をいただきます。
いえいえ話は逆ですね、MARLOWE のプリンにウチのプリンが似ているというもの。

いやこれね、MARLOWE のプリンにケチをつけるつもりはありませんが、なんら特別なことをしているわけではないんですね。
本来プリンというものは、ああいうものだと思います。

卵と牛乳と生クリームと砂糖だけで出来ているもの、それがプリンなんですが、今や消費者の皆さんはコンビニや大手メーカーのいろんな添加剤が入っているプリンが、プリンだとだまされているのですよ。
それを「本物のプリン」を作ると、これはなに? おいしいという風になるわけなんです。

そこに気付いて商売しているMARLOWE は大したものなんですが、消費者の皆さんも勉強しないといけません。
コンビニで売られている、どこそこのメーカーのプリンがおいしいと言っているようでは・・・?

ま、ちゃんとしたものを作っていれば、世間は評価してくれるという事だと思います。
でもかく言うわたくし、偉そうなこと言ってますがMARLOWE のプリン、食べたことありましぇーん。
今度通販で注文してみましょう、そうしましょう。
posted by もえぎ野山荘 at 11:04| Comment(0) | 日記

2019年05月13日

いきなりステーキ

実はずぅっと、僕にとってのGWが続いていたんですね。
先週の8日に休んだだけで、昨日の朝までお客様が続いていたんです。

それで昨晩ちょっと贅沢をしようと、GWお疲れさまでしたという名目で初めて「いきなりステーキ諏訪店」へ、女房殿と二人で行ってきました。
今や飛ぶ鳥落とす勢いの「いきなりステーキ」、諏訪店はこの1年の間にできて、ちょっと気になっていたんです。

オープン当初は諏訪でも話題になりました。
ああいうステーキ屋って今までなかったじゃないですか。
それで新しい形態のステーキということで飛ぶ鳥落とす勢いだったのですが、最近ちょっと陰りが見えているようです。

というのも日曜日の午後7時、一番の繁忙期だと思うのですが店内は半分ぐらいのお客さん。
だいたいこの辺りは、日曜日の晩はあまり外出しないで家でのんびり月曜日に備えて過ごす、という方が多いと思います。

でもこちらは初めてでワクワクドキドキ。
サーロイン300g とヒレ肉300g を注文しました。
あの注文の仕方も独特で、交渉次第で何とでもなりますね。

待つことしばし、熱々の鉄板にジュウジュウと音をさせながらステーキが運ばれてきました。
インパクトのある見た目、味もそこそこだと思いました。
300g の量とサラダとご飯とスープで十分でした。
お腹いっぱい。

お会計、しめて6707円。
ちょっと高いなぁ。
2人でこの値段ですから家族4人で来たら15000円ぐらいにはなります。
ですから客層もご夫婦かカップルの二人連ればかり、家族でくるという形態の店舗ではないです。
我が家も子供たちが出て行き、ふたりだけになったので行こうと思いましたから。

ステーキを手ごろな値段で提供するというのも「いきなりスターキ」のコンセプトなんでしょうが、肉マイレージカードをもらうことなくお店をあとにしました。
このカードを要らないってことは、そんなに来ることはないよ、という意思表示です。

また行こうとは思いますが、そんなに簡単には行けないですよねぇ。
やはり、ハレの日でないと、と思った次第です。
おいしかったんですが、ちょっとねぇ、やっぱり高いんでしょうねぇ。
いかにリピーターを増やすか、がこのお店の課題だと思いました。

  DSCN0586.JPG
  DSCN0588.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 10:31| Comment(0) | 日記

2019年05月10日

チケット狂騒曲

昨日、東京オリンピックのチケットの申し込みが始まりましたね。
アクセス集中で、はや熱狂とか。
そりゃそうですよ、アクセス集中するでしょう、それは想定通りでしょうか。

やはり自国開催のオリンピック、次は何時あるかわかりません。
見たい気持ちはわかりますが、なんかあんまり期待してないんですよねぇ。
熱しやすく冷めやすい日本人の気質が垣間見られて、五輪後の見通しが見えないんです。

でもでも、見たいと思うのはやはりサッカー。
ただ、結構分散開催なので原村から行けそうなのは、調布の味の素スタジアムと横浜の日産スタジアムぐらい。
ここで開催される予選リーグのチケットが、3000円と一番安いんです。
それも2試合見られてのこの値段、たぶんゴール裏でしょうがそれでもスタジアムで見るのでは、臨場感が全く違います。

で、ちょっと調べました。
するとオリンピック開会式の日は、休日になるということが分かりました。
ということはサッカー予選リーグの開催日は、木曜日から日曜日の4連休のうちの一日ということなんです。

あちゃっ。
仕事をするべきか、一生に一度のオリンピックを見にいくべきか、悩むわぁ。
もっともそのころは日本中がオリンピックの熱気にあふれているかもしれませんから、仕事にならないかもしれません。

とりあえず、チケット抽選に申し込んでおきましょう、そうしましょう。
でもたぶん、こんな予選リーグのゴール裏席なら、申し込んだら当選するよねぇぇ。
posted by もえぎ野山荘 at 11:56| Comment(0) | 日記

2019年05月08日

ヤマザクラ満開

家の前のヤマザクラが満開になりました。
おとといぐらいから咲き始め、今朝の寒さを物ともせずに今日満開です。
結構な老木で、毎年毎年花が咲くのかと心配しているのですが、今年も花を咲かせてくれました。
何年か前に大風で、3本ある幹の1本が折れたぐらいですから、ひやひやしています。
でも、楽しみぃぃ。

この連休の間に花を咲かせてくれればお客様にも楽しんでもらえると思うのですが、そこは気まぐれ。
普段は連休明けに花を咲かせるので、これはいつも通りです。
今年も花を咲かせてくれました。
1週間ぐらいが見頃です。

  DSCN0579.JPG
  DSCN0581.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 13:39| Comment(0) | 日記

2019年05月07日

終わってみれば

気がつけばこのブログ、令和最初の投稿です。
ちょっと忙しくブログまで気が回らなかったのが、ほんとのところ。
なにしろ今日午前中まで「10連勤」でしたから、GWの喧噪も終わりほっと一息です。

さてみなさん、「魔の10連休」いかがでしたか。
ちょっと長かったわ、というのが感想でしょうか。

前にも書きましたが、官から言われて休むというのが問題。
安みたいときに9連休ぐらいを、いつでも取れるようにしないといけません。
そういう所も「働き方改革」のひとつでしょう。

この連休の間、予想していたことが外れたり想定以上のことが起こったりと、普段休んだことのないパターンでしたから、分からないことが多くありましたよね。
高速道路も5月3日まで「下り」が渋滞していました。
では「上り」は5日に大渋滞かと思いきや、それほどでもありませんでした。
都会を出て行った人たちはいつ戻ったの、ですよね。
多くの人は10日も休んでいなかった、という事でしょう。

海外旅行へ行った人たちはその恩恵を受けたでしょうが、多くの人は良かったのか悪かったのか。
もう2度とない連休ですが、英気を養えたのかどうか。
また頑張りまっしょうか。

ちなみにウチの宿、普段のGWと同じって感じでしたっ、ハイ。





posted by もえぎ野山荘 at 14:24| Comment(0) | 日記