2019年05月27日

「おもてなし」とは?

3泊4日で何をしにきたんでしょうか、来日中のトランプ大統領。
昨日の大相撲観戦なんか、明らかに迷惑じゃなかったですか。

入場してくると、館内は力士そっちのけで異様な盛り上がり。
明らかに次の取り組みを待っている力士には失礼、それも千秋楽の「これより三役」のまえに入場するかぁ。
相撲を見るなら「中入り後」の取り組みから見るべき。

本来お茶屋さんが独占している升席でも、4席つぶしてそこに椅子を持ってくるとは、呆れますよねぇ。
周りをSP が取り囲み異様な光景でした。

相撲好きで知られた昭和天皇でさえも、升席には座れず貴賓席で観戦していたのに、大統領の一声でこうなるとは。
悪しき前例を作ってしまったように思います。
今朝の新聞でもあまり芳しい評判は聞こえてきませんね。

昨日は一日遊んでいたみたいですが、今日は天皇陛下への謁見や首脳会談があるようですが、3泊もする必要があるのかどうか。

これ、お互いがお互いの思惑があるようです。
参議院選挙を控えている首相と次の大統領選挙で再選を目指す大統領と、それと日米関係の蜜月ぶりを諸外国へのアピール、とりわけ韓国中国へのあてつけ、国内への外交成果の強調などでしょう。

今回の訪日でいったいいくらの費用が掛かっているのか。
トランプ大統領の訪問先でない場所までの異常な警戒、ちょっとやりすぎですよね。

「おもてなし」とは、相手の心に響くものだと思います。
表面上は楽しんでいるように見える両首脳ですが、はたしてどこまで心を許しているのか。
今後の日米関係、貿易摩擦などが大統領の言いなりにならなければいいのですが・・・。
それなら単に利用されているだけですから。


posted by もえぎ野山荘 at 08:57| Comment(0) | 日記