2019年06月07日

ブレーキとアクセル

いつか書こうと思っていたのですが、高齢者によるブレーキとアクセルの踏み間違い事故、あとを絶ちませんね。
今までもあったのでしょうが、池袋の親子二人が亡くなった事故以来、注目され毎日のように報道されています。
福岡市早良区であった事故はひどかったです。
そのすべてが、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故ですよね。

これね、車の構造的欠陥だと思うんです。
高齢者になると股関節が思うように動かなくなり、後ろを見る、駐車券を取るなどという体のひねり動作で右足がずれ、ブレーキを踏んでいる右足がアクセルを踏んでしまっているそうです。

それに気づかず、ブレーキのつもりがアクセルに足が乗っているため、そのまま踏んでしまうと車は加速する、という事らしいです。
それでパニックになり、右足が動かせなくて何かにぶつからないと止まらない、というのが多くの原因だそうです。

だったらブレーキとアクセルの動作をなにか違う方法でやらないといけませんが、そこの構造的な欠陥の議論がないんですよね。
車会社はなんと考えているのか、自分たちに責任はないと思っているのか。
このままだと、超高齢化社会を迎えるにあたってこの事故は無くならないでしょうし、むしろ今後増えていくのでは。

自転車のアクセルは両足で、ブレーキは両手。
バイクのアクセルは右手ですが、自動2輪の場合ブレーキは右手と右足、ブレーキをかけるとき右手のアクセルは離れます。そうしないとブレーキはかけられません。

というようにアクセルとブレーキの動作は違うのですが、車だけ同じ動作なんです。
マニュアル車ではアクセルとブレーキは同じ動作ですが、クラッチをつながないと車は動かないので急発進は防げるでしょう。
今やAT車ばかりでマニュアル車には戻せませんから、なにか対策を考えないとこれからも多くの人が犠牲になるのではないでしょうか。




posted by もえぎ野山荘 at 09:26| Comment(0) | 日記