2019年06月21日

国交省からのハガキ

昨日、国交省から突然ハガキが届きました。

なんのこっちゃと思いながらシールをはがすと、「自動車の定期点検整備のご案内について」とあります。
要は、車の点検整備はしていますか、というもの。
車検の際に、A4版ぐらいの複写の用紙でチェック項目のある紙があるでしょ、あれです、あの事なんです。

この3月にユーザー車検をやりました。
ユーザー車検では、あの点検整備はやらなくていいんですね。
「あとで点検しておきます。」と言っておけば車検は通るんです。
ただこれは車を乗るうえで義務付けられているもので、いずれやらないといけないとは思っているものの、何時までにやりなさいというものがないのですよ。

それをやりましたかという、確認と催促のはがきでした。
いずれ点検しようと思っていますが、なんかのきっかけがないとなかなか車屋さんには行きづらいもの。
エンジンオイルの交換も自分でしてしまったし、今はそのきっかけがありません。
車検は2年に一回ですから、その間の年にやろうと思っていますが、それだと遅いんでしょうかねぇ。

大体が、そんなに車検なんて必要かって思います。
日本の基幹産業を守るためにあると思うし、諸外国に行けば日本の中古車はいっぱい見かけますし、こんな車がまだ動いているのかって感心させられます。

と、不満を言っても始まらないのでお上に逆らうのはやめて、さっさと車屋さんに持っていこうと思います。うーんたぶん、夏が終わってからになるでしょうが???
  DSCN0753.JPG

posted by もえぎ野山荘 at 14:53| Comment(0) | 日記