2019年06月28日

闇営業問題

芸人の闇営業問題、広がりを見せていますよねぇ。
まだまだ出てくるでしょう、戦々恐々としている芸人もいるはず。

が、ちょっと吉本興業に物申す。
これって芸人だけの問題かって言いたい。
それを統括している吉本興業には、なんら責任はないのかと思うんですよ。

こういう闇営業をやらないといけない背景、そこが議論されないのですね。
もちろん会社を通さず闇営業をやる芸人が悪いのですが、そうしないと生活できないそうですね。
そうさせている会社側にも問題があるんじゃないですか。

そこをメディアが追及しないのは、吉本興業に言うと番組に芸人を派遣されなくなり番組が成り立たなくなる現状があり、吉本興業に忖度しているんですね。だから言えないんです。

月の給料が450円とか、結構売れている芸人なのに専属のマネージャーがいなくて独りで現場に向かうこともあるとか、契約書がないとか。
今の世の中でこんな会社があるのかと思います。
まさにブラック企業。

でも、芸人側からすると会社に逆らうのはもってのほか、そんなことをすると芸能界から追放されてしまいます。過去にそういう芸人は何人もいるでしょう。

そういうところに胡坐をかいて、芸人が稼いできたギャラを分捕っているじゃないですか。
それで会社が成り立っているのに、会社側は未だ昭和のやり方を続けそれを改めようともしないで、契約書のない芸人に謹慎を課すってのはどう考えてもおかしいと思いますが。

ここ数日、外部の識者を呼んでコンプライアンス重視の講座を開くとか、もう一度意識を徹底させるとか、というニューズがありますが、まず、意識改革をしないといけないのは吉本興業の方だと思います。




posted by もえぎ野山荘 at 09:47| Comment(0) | 日記