2019年07月19日

檜枝岐遠征の費用

今回の檜枝岐遠征には、4人で行きました。
僕以外は女性3人、連れて行ってあげないとどこへも行けない人たちなので、こちらとしてはほとんどボランティアみたいなものでした。
でも、この4人で行動というのが一番お金がかからないのではと思います。

こういう場合、費用はどんぶり勘定です。
4日間行動を共にするので、いちいちいくらかかったなどと言っていればキリが無く煩わしいもの。
だから会計係りを決めて一人15000円を徴収して、その中からこの旅行に関する費用はすべて支払うというようにしました。

一番費用が掛かったのは、やはり車に関するもの。
総走行距離は900km 弱だったので、ガソリン代が18000円ぐらいかかり、往復の高速代が8000円ぐらいでした。
行きは佐久IC から東北道の西那須野塩原IC まで、帰りは宇都宮IC から佐久IC まででそれぐらいかかったと思います。
いずれETC の請求が来るのではっきりするでしょう。
車がらみの費用だけで、東照宮の駐車場代なども入れて27000円ぐらいかかっています。

外食は、出発日の夕食を西那須野町でファミリーレストランに入ったのと、宇都宮で餃子を食べたことだけで、あとは行動食か夕食は自炊しました。

その他にテント代が一泊一人500円と車代が500円、それが2泊。
温泉代は1日目一人300円、2日目はキャンプ場からタダ券をもらえました。

そんなこんなで茅野へ戻ってきたときに、60000円でちょっとおつりがきたぐらい。
3泊4日の旅行でテント泊で、そんなにかかっているのかなぁと思います。
大して贅沢もしていないのに、思っていたより高くつきました。
これを安いととるか高いととるか。

ま、また来年もよろしく、と帰り際にメンバーから言われたので、満足してもらったのでしょう。
さてさて、来年はどこへいきますやら、鬼が笑いますよっ。

これで檜枝岐遠征記は終わりますぅ。
また明日から何か話題を見つけねば・・・。



posted by もえぎ野山荘 at 13:41| Comment(0) | 日記