2019年07月23日

新進政党

昨日の吉本興業の社長会見、完全な失敗だったんじゃないかと思います。
収束する気配が見えず、昨年あった日大アメフト部のパワハラと同じような様相を見せています。
ひとことで言うなら、危機管理能力の欠如、です。
と、これについてもいろいろと書きたいのですが、今日はまだ「旬? 」の参議院選挙のお話。

新たな政党要件を満たす政党が出てきました。
「れいわ新選組」と「NHK を国民から守る党」
どちらも知ってはいましたが、その選挙活動が地方にいては伝わってきませんでした。
選挙日まえに報道すると公職選挙法違反になるのでしょう。
投票日の晩に、いろいろとやっていたことを知りました。

まずは山本太郎氏率いる「れいわ新選組」
この党の立候補者は、みな変な人たちばかりでした。一癖も二癖もある人達ばかり。
でも既成にとらわれない資金の集め方、寄付だけで4億円以上集めたそうですから、恐れ入ります。

この山本太郎氏が演説を行うと、道行く人が立ち止まってその演説に聞き入ったそうです。
普通政治家が駅前などで辻立ちをしていても、誰も聞かないじゃないですか。
それを立ち止まらせ、聞き入らせる魅力があるのでしょうね。

元来山本太郎氏は、高校生の時に「たけしの元気が出るテレビ」でダンス甲子園という企画でテレビに登場した人物。
変な奴が出てきたぞと思っていたら、いつの間にか芸能界に入り、そしていつの間にか政治家になっていた、と。国会でもなんか違いましたよね。

それが今回、現状に不満を持つ人々の受け皿になったんでしょう。
野党はこういう動きをしないいけません。
自分自身は議席を失いましたが、次の衆議院選挙でまた出て来ますよね。

で、もう一つの国政政党になってNHK をぶっ壊す党は、れいわ新選組以上に変です。
多くの国民はNHK に不満を持っているのですが、それだけの主張で得票率2%以上を獲得しました。
これは驚きです。

一つには、政治に関して何も考えていない人々が「ノリ」で投票したのでしょう。
長野県でも立候補していましたが、なんと30000票以上集めていたんです。これすごいですよね。

2つの政党、国会に風穴を開けたんでしょうが、こういう政党続かないんですよね。
あっという間になくなってしまう。
それは山本太郎氏の経歴を見ても明らか、あっちに行きこっちに行きしているんです。

ま、野党のいくつかが「れいわ新選組」に早くも秋波を送っているそうですから、今後を注視してみましょう。

posted by もえぎ野山荘 at 10:56| Comment(0) | 日記