2019年10月21日

桜の勇者たち

終戦!!
昨日の南アフリカ戦で、日本代表のW杯は終わりました。
前半はいい試合をしていたんですけどねぇ、後半は自力に勝る南アフリカに押されまくりでした。

ラインアウトは取れず、ラックは押され、スクラムも組めないようでは敗者のパターン。
後半、そこを修正してきた南アフリカは、やはり強豪国。
もっとも、前半は自分たちのミスで得点できなかっただけでしたから。

「スポーツ史上最大の番狂わせ」と言われた前回大会から、南アフリカにとってはリベンジする機会。
スコットランドに対して日本がそうであったように、南アフリカのリベンジをまともに受けるだけの体力技術はなかったでしょう。

これで日本代表の試合はなくなりましたが、ここまでラグビー人気を盛り上げてきたのは素晴らしい。
にわかファンなどという人達も、ラグビーの面白さを分かってもらえたはず。

ただ、新日鉄釜石の7連覇を見、神戸製鋼の7連覇では歓喜し、帝京大学の事は知りませんが、昔からラグビーを見ていた者としては、にわかファンに物申したいところもありますが、これで低迷しているラグビー人口が増え人気が復活すれば言うことはないです。

下を向く必要はありません。
世界中に驚きと感動を与えた代表は、胸を張っていいと思います。
そしてそれを支えたサポーターやファンの皆さんも、誇れると思います。
W杯が始まる前に、誰がこういう結果を予想したでしょうか。
ここまで盛り上がることも想像できませんでしたし、大丈夫かと思っていたぐらいでしたから。

ただ、感動をありがとうだとか、感謝などという言葉を使っていては強くなりませんし、何が劣っていたのか、なんで負けたのか、そこを考えないといつまでたっても同じ。

この結果は次回大会に、その評価をゆだねることになります。
次回大会でどういう結果を残すかで、世界と戦えるのか、評価されると思います。
なぜなら、ようやくスタートラインに立っただけ。
これから始まるんですよ!!


posted by もえぎ野山荘 at 09:43| Comment(0) | 日記