2019年10月28日

ゴアテックスのカッパ

ドロドロになってもいいようにと、今回ゴアテックスのカッパを持って行きました。
そんな高級なと思われるかもしれませんが、もう35年も前のもの。

昭和59年ぐらいに、20000円ぐらいで購入したと思います。
ゴアテックスの出初めで蒸気は通すが水は通さないという触れ込みで、そんなものがあるのかと思い買いましたが、まだ学生でその当時の20000円は非常に高価でした。
今なら5〜6万円ぐらいになるでしょうか。

生地も厚く大きくてコンパクトにならなくて、山やアウトドアに持って行くのはちょっと難儀でした。
そのうち経年劣化で水をはじかなくなり、カッパとしての機能はなくなりました。

が、それを捨てることなく現在に至り、今はもっぱら作業着としての使い方です。
外作業をするときや、今回のようにどろどろになることが予想される場合などに使っています。
むしろそっちの方が使いやすい感じ。
生地が厚いため、すぐに破れる心配もないのです。

カッパとしての機能がなくなった当初は厄介だなぁと思っていたのですが、今になって活躍してくれています。
お金のない学生のころに購入したものですから、なかなか捨てられません。
今後も活躍してくれることでしょう。

  DSCN1099.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 08:45| Comment(0) | 日記