2019年12月10日

榛名山掃部が岳1449m

赤城山だけでは物足らないと思ったので、隣にある榛名山へも行く計画を立てました。
移動はおよそ1時間半ぐらいかと。
赤城山の登山口から午前11時ぐらいに出発して、榛名山掃部が岳登山口の駐車場に車を止め、歩き出したのが午後0時30分ぐらいでした。

その移動の間に昼食を済ませ、準備万端で登りだそうとしたんですが登り口がわかりません。
看板がないんです。
この山ならあってもいいのにと思いますが見当たらず、そこで出てきたのが「YAMAP」の地図。オフラインでも現在地を示し、それで登山道が見つけられました。

このYAMAP の話はまた後日するとして、掃部が岳(かもんがたけと読みます。) ずっと直登というイメージでした。
踏み跡も段差になっていなくて、もろ、ふくらはぎに来ます。
こういうのって結構大変なんですよね、段差があると足裏は水平になりますから、そこが斜めに上に向かっているとふくらはぎの筋肉を最大限に使って足を動かすことになるんですから。

クマザサをかき分け、それでも1時間ぐらいで山頂に立てました。
眼下には榛名湖が見え、妙義山などの長野方面の山々、浅間山も見えました。
赤城山とは違い風もなく、のんびりと過ごせた山頂。
ま、大した感想もありませんが、まあまあって感じですよね。

下山は少しルートを替え、これも1時間ぐらいで駐車場到着。
その後、お風呂に伊香保温泉へと向かうのです。
実は今回の山行は、伊香保温泉がメインなんですよ。
以前から、行ってみたいなぁと思っていたんです。
そのお話はまた明日。

  DSCN1399.JPG
  DSCN1406.JPG
  DSCN1408.JPG

posted by もえぎ野山荘 at 10:46| Comment(0) | 日記