2019年12月28日

ほったらかし温泉

以前から気になっていた山梨市の高台にあるほったらかし温泉に、下山後は行ってきました。
なかなか行きにくい場所で、西沢渓谷や雁坂方面へ行かないと行けなかったんです。
で、今回も他に入る温泉はありましたが、下山後わざわざ行った次第です。

感想は、一度でいい、というものでした。
ここは観光地、駐車場には県外車ばかりでキャンピングカーなども止まっていました。
入浴料は800円と高く、山梨県の温泉は県外者と市内在住者に料金が分かれるんです。
ほとんどのところで市内在住者のほうが料金が安く設定されているんですが、それがこのほったらかし温泉ではないんです。
ということは、地元の人間は行かないということなんですよね。

メインの道路から離れて、かなりの高さまで上りました。
この温泉の一番の売りは、露天風呂からの景色。
甲府盆地が見渡せ、富士山も見えます。
夜は夜景が綺麗でしょうし、日の出もお風呂に入ったまま見られるんで、早朝から営業しています。

まあでも、建物に風情もなくお湯もありきたりの温泉。
鉄筋コンクリートだし、パイプを組み合わせたプレハブ作りですし、食堂も外にテーブルを置いて食べるスタイルで、天気が悪けりゃどうするのって思いました。

露天風呂からの景色だけで、有名になっているんですね。
あの景色はも見ものだと思いますし、富士山が見えれば言うことないでしょう。
僕が行ったときは、晴れていましたが富士山は見えませんでした。

一回、話のネタに行けばいいですね。
現にこうやってブログのネタになっているんですからぁ。
そんな感じの温泉でした。

ということで、笠取山山行記は終わりにします。
山へ行って風邪が治るかと思いましたが、ちょっとハードな山行だったために、未だ引きずっている今日この頃ですぅ。

  DSCN1460.JPG
  DSCN1461.JPG
  露天風呂からの景色です。この景色はなかなか見られません。
  DSCN1462.JPG
  内部はほったらかしづくり?? プレハブ仕様
posted by もえぎ野山荘 at 13:39| Comment(0) | 日記