2020年01月21日

校庭リンク

原小学校の校庭に水を引き、グラウンドがスケートリンクになるんです。
毎年12月中旬からその作業が始まるのですが、今冬は暖冬の影響で氷が出来ていないようです。

諏訪地域でも小学校のグラウンドが校庭リンクになるのは茅野市の3小学校と原小学校だけだそうで、そのうちの茅野市金沢にある金沢小学校の校庭リンクが、昨日開場されたと今朝の新聞に載っていました。
この小学校は標高は低いのですが、グラウンドが日陰になるためリンクが出来るようです。
かたや原小学校、1000m の標高ですが日当たり抜群のため、未だリンクが出来るめどが立たず、とか。

今この時季で氷が固まらなければ、今冬はできないでしょう。
2月に入ると陽が高くなるため。スケートが出来なくなるそうです。

子供が小学校のころは、この校庭リンクの雪かきに何度もかり出されて行きました。
朝6時に地区の役員から電話がかかってきて、校庭リンクの雪かきをやります、と。
そのうちメールになりましたが、1月の朝6時半真っ暗な夜明け前、スコップ持って長靴履いて照明が照らされるなか、子供たちのために雪かきをやりました。気温−10℃。
保護者は300人ぐらい集まっていてあっと言う間に雪かきは終わりましたが、これが苦痛だった。
明日の朝は雪の予報が出ていれば、緊張しながら寝たものです。

それに比べて、雪も降らず雪かきもない今の保護者は、楽じゃのう、と思いますぅ。

  DSCN1541.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 09:30| Comment(0) | 日記