2020年02月25日

マスク狂騒曲

新型コロナウイルスの感染が止まりませんねぇ。
この話を書きだすと止まらないので今まで書かなかったのですが、要は初動のミスですよ。
武漢縛りに拘束されているから対応が遅れ、当初は武漢市滞在の中国人ばかりだったのを、その時点ですでにウイルスは入ってきているんですから、中国からの全面的な入国を禁止するとか、他に方法があったはず。

巷では、感染症学会が市中の散発的な発生が懸念されると早くから言っていたにも関わらず、その状況になってからの動きでは遅すぎますよね。
こうなることは目に見えていたんですから、いかにも典型的なお役所仕事。
クルーズ船でまた、厚労省の職員が感染したらしいですから、まったく学習していないですね。

さてさて感染が広まってからのマスク不足、長野県のこの辺りでも無いそうです。
そりゃぁ、どこを探してもないでしょう。
というより、マスクで感染を防ぐことが出来ると思うのが間違いで、専門家に言わせるとマスクのような生地ではウイルスは素通りだそうです。
マスクをしないよりはいいかもしれませんが、まったくの気休めですね。

そんなことより大事なのは、手洗いの徹底。
手って、バイ菌がいっぱいあるんですよ。
こういう飲食業をしていると、保健所から手洗の徹底を同じことを何回も言われるんですね。
それは食中毒の防止という観点からですが、そうすることで意識がそっち方面へいくのです。
だから僕なんかは、お客様が来られたら事あるごとに手を洗っています。それが習慣になっているんですね。

ところが、普通の会社員の方々は普段どれだけ手を洗っていますか。
年配の男性なんかは、トイレのあと手を洗わずそのまま出ていくじゃないですか。
結局のところ、そこなんですよ。

外から帰ってきたら手を洗い、トイレの後は手を洗い、食事の前は手を洗う。これしか予防法は無いと思います。
さっでは、マスクを探しに行ッてきますかぁ。
言ってることが違うじゃないかぁぁ、いえいえマスクは大事ぃぃ。


posted by もえぎ野山荘 at 09:59| Comment(0) | 日記