2020年02月28日

急に休校と言われても

なんとも場当たり的な発表でした。
ここまでする必要があるのかどうか、今週は日ごとに言っていることが違います。
感染が広がっている地域では学校の休校も必要でしょうが、その他の地域で一斉に休校する必要はありますか。
昨日書いたように、やりすぎの日本民族のそのまた上を行くものですね。
その背景には「後手」批判と支持率がある、とYahooに書かれていましたが、元来からケツの穴のちっちゃい首相、そこを気にしたんでしょうから何も考えてない政策です。

これは各方面に影響がでるでしょう。
休校は必要かもしれませんが、それをするために数日の準備期間がないと今日で終わりと言われても、どう調整するのよ。
中学3年生はこれから高校受験があるはずだし、その他の学年は今日が最後になるんですよね。
卒業式もお別れ会もなく、先生が異動してしまえばもう会うことはないんですよね。
そんなのありか、ちょっと待ってよ。

「影響がでれば政府が責任を持つ」と言っていますが、この人の言ほど信用にないことはありません。
過去、どれだけこういう言葉を繰り返してきたことか。
「丁寧に説明する、説明責任を果たす」などなど、その言葉が完結したことはありません。
その影響は甚大ですよね、その根拠を説明してもらわねばなりません。

そもそもは1月下旬に、春節期間の中国人の入国を許していたことから始まっています。
最初のころは、武漢からの中国人が発症したというニュースばかりだったじゃないですか。
その人たちがウイルスを持込み、ばらまいたことから始まっていると思います。
その上のクルーズ船の対応。
神奈川県知事が、この対応は国がやるべきだと言っていましたが、まさしくそうだと思います。
神奈川県が骨を折ってくれていたんですね。

批判されることがもっとも嫌いな首相、さてさて今日はどんな言葉が飛び出すか、楽しみにしましょう。





posted by もえぎ野山荘 at 09:39| Comment(0) | 日記