2020年03月05日

無観客試合

新型コロナの影響、とどまるところを知りませんねぇ。
以前は大阪は一人だったのが、ライブハウスから続々と、まだまだ感染者は出てくるでしょう。
今までどうして大阪は出ないのかと思っていました。
結局は出ていないから、感染に対する危機感が薄かったのでしょう。

そんな中、その大阪のお隣の街で開かれるセンバツ高校野球、無観客試合が決まりました。
無観客試合は選抜高校野球に始まったわけではなく、プロ野球オープン戦なども無観客でやっていますが、これは選手にとって頑張れることなのか。
ニュース映像などを見ていると、バットがボールに当たった音やキャッチャーミットに収まるバシッという音、ホームランなどで外野席にあたる音など、こんな音をしているんだと改めて気づかされました。
それはそれで新鮮。

ただ、スポーツ選手にとって無観客というのは屈辱だと思います。
今回はウイルス拡大の影響で仕方がないという雰囲気がありますが、かつてはJリーグで浦和レッズが無観客試合をやりました。これはサポーターの差別的な発言があってのこと。
それとこのところの無観客の意味はちがうのですが、モチベーションを保つのは大変ですよね。

しかーし、この春休みに行われる高校生スポーツの全国大会が軒並み中止に追い込まれているのに、どうしてセンバツ高校野球だけ無観客とはいえ開催されるのでしょうか。
伝統があるから、全国ネットで中継されるから、そんなの理由になるかぁ?
そこのところ、もうちょっと報道してほしいし、説明してほしいなぁ。


posted by もえぎ野山荘 at 09:25| Comment(0) | 日記