2020年03月25日

カタカナ言葉

東京五輪の延期が決まりましたね。
これからまた一から始めないといけなくて、日程やその費用など課題山積です。
IOC は世界中から突き上げられ追い込まれた挙句の決定で、こんなことなら五輪招致をしなければよかったという声も聞こえてくるかもしれません。それこそ、あとの祭り。
今日はこの話題でもちきりでしょう。

その延期の原因を作ったコロナウイルス、東京での感染者が激増です。
3連休があり暖かくなりサクラが満開で、ちょっと浮かれてないかと思うのですが。

そこで最近聞こえ出したのが、カタカナ言葉。
元来、外来語をそのまま日本語にしてしまうという言語の特性もありますが、ちょっとひどいなあと思います。
「クラスター」「オーバーシュート」「ロックダウン」なんじゃそれ。

何回も使われることでそれが日本語として定着してしまうのですが、パンデミックなどはもうその言葉として使われています。
「オーバーシュート」などは初めて聞いたとき、なんで大空翼と岬太郎が背面飛びでシュートを打つのかと思いましたよ。(そりゃぁオーバーヘッドシュートや〜)
爆発的感染拡大というよりオーバーシュートと言った方が聞こえがいいのでしょうが、その言葉を使うのなら意味の解説をせい、ということ。

なんでもかんでも英語をそのまま使って、さぞ自分は知識があると誇張しているように思うんですけれど、そんなの必要かって。
世界に誇れる言語である日本語を、もっと丁寧に使え。
その言葉をこちらが勉強しないといけない、というのは本末転倒。

東京五輪延期のことなどより、言葉の話され方のほうが気になったここ数日ですぅ。


posted by もえぎ野山荘 at 09:32| Comment(0) | 日記