2020年05月03日

自分さえ良ければ、という考え方

GW が始まりましたが、今年はどこもガラガラ。
長野県も「長野県の観光はお休みです」キャンペーンを繰り返していますから、どこもかしこもひっそりという感じです。
が、昨日白樺湖から車山方面へ行ってきました、ビーナスラインをちょっとドライブ。

すると結構な交通量です。
車のナンバーは東京方面が多く、バイクもかなりの通行量。
バイクなどは荷物を持っていないので日帰りかもしれませんが、うーんちょっと違うんじゃないのって。

高原の何もないところで三密を回避できると思うのでしょうが、霧ヶ峰にある道の駅のようなレストポイントではぱっと見、100台以上のバイクがありました。
ビーナスラインを、寝かしに走りに来ているんです。
その光景を見て、ちょつと休憩しようと思っていたのを止めましたから。
ほぼ県外ナンバーです。

4月29日ぐらいから、この辺りのスーパーでも東京方面の車が来ています。
ひとつはこの辺りに別荘があるためそこに滞在している人々が、日々の食料の買い出しなんですが、地元の人間からするとちょっとドキッとしますよね。

県外への外出を控えてとあれだけ言っていても、外出する人は外出するので無理な事。
自分だけは大丈夫という考え方、どこへ行っても感染するときは感染するという考え方、それこそ自分だけ良ければという考え方。
この考え方が広まると、社会は崩壊してしまいます。

結局はおとなしく家にいることが、早く感染が終息するんですけれどねぇ。
と言ってる外出しているお前も一緒じゃないかって、いえいえ諏訪郡ないですからぁ、お散歩ですぅ。
ま、同じですわね、反省。


posted by もえぎ野山荘 at 10:11| Comment(0) | 日記