2020年05月31日

日本ダービー

本日、日本ダービー発走、東京優駿第11レース。
一回行ってみたいんですよねぇ、日本ダービー。

昨年NHK の72時間というドキュメンタリー番組で、日本ダービーを取材していました。
よくぞここに目を付けたと思いますが、1週間も前から並んでいい席を取ろうとしたり、毎年その列で年に一度会う人々や、ちょっと列を離れている間に列全体が移動して最後尾になった人や、この第11レースの為だけに様々な人間模様が撮影されていました。
そんな風になっているのかと初めて知ったのですが、以前から日本ダービーは一度行きたいなぁと思っていたんです。

それが今年の2月末、女房殿の付き添いで立川市へ行き高尾山へ登ったところ、こうやったら府中の東京競馬場へ行けるではないかと気づいたんです。
競馬場の駐車場へ入ると終わったあとが大変ですから、電車で行くことになります。
それ高尾から乗れば楽じゃね、と思ったんです。
ところが、このコロナ禍で無観客での実施、ああ残念。
ま、日本ダービーは来年もあるでしょうから、来年以降に期待しましょう。

今年の出走馬は2017年に生まれた4歳馬、ダービーは4歳馬の祭典ですが、7000頭余り生まれた中でゲートイン出来るのはわずか18頭。
その中に入るだけでもすごいんですが、ダービーを取ったらそれは馬にとっても騎手にとっても一生物です。

今はネットでの馬券購入もできますが、やはり現地へ行ってあの臨場感を味わわないとつまらないですから、観衆15万人の第11レース、是非一度体験したいものです。
待ってろ東京優駿、そのうち行くぜ。
ということで、今日はテレビで見ましょう、ハイ。



posted by もえぎ野山荘 at 11:20| Comment(0) | 日記