2020年07月05日

都外への移動自粛

東京で新型コロナウイルスの感染者が拡大しているので昨日、都外への移動の自粛要請が都知事からありましたね。
まぁ、もちろんそうなんでしょうが、問題は地方での新型コロナへの意識なんです。

地方から東京など都会へ行って、もらってきているんです。
都会へ行くと気が大きくなりますよね、それが出張であっても旅行であっても。
たまに東京へ行くと、バスタ新宿で下りたとたんに東京へきたぁと思いますから。
そこでハメを外して行動が大きくなりがち。

長野県での感染を例にとると、諏訪や飯田、大町保健所管内で出た感染者は、全て都会からもらってきたものでした。
セイコーエプソンの社員は2度東京へ行っていたらしく、行くなと言っていたライブハウスへ出かけウイルスをもらってきた大町の例や、飯田では東京から学生が帰省して家族全員が感染し、この家族は地元に居ずらくなり出て行ったそうです。
家に誹謗中傷の張り紙をされたとか。

誹謗中傷はもってのほかなんですが、そういうことをされる行動をしていることも一因にあると思います。
移動を自粛せよと言っていたのになぜライブハウスへ行ったのか、なぜ帰省したのか、やはり世間の理解を得られない行動をしているんですよ。

東京で感染者が増えているのは事実ですが、東京の問題だけではないんです。6月19日に移動の自粛が解除されたことが、今回の感染者の拡大の原因。
解除という言葉が自由になったと思わせるので、そこが問題かもしれません。

いずれにせよ、まだまだコロナは市中にあって、いつ感染してもおかしくないということを前提に生活する必要があるんです。
来られたお客様には、玄関でアルコール消毒をお願いしていますが、イヤな時代になりました。
これからは、このウイルスと長く付き合う必要がありますね。


posted by もえぎ野山荘 at 11:31| Comment(0) | 日記