2020年07月10日

今日もまた、雨

九州ではまた大雨で水害になっています。
もうこの水害に合うのは、毎年の恒例行事かもしれません。
毎年どこかで必ず、水害が起こっていますから。

長野県でも一昨日、大雨特別警報が出ました。
長野県南部と上高地方面で、被害が大きかったようです。
幸いにも諏訪では、雨ではありましたが災害が起こるほどのものでもなく、ただいつ災害が起こってもおかしくない状況です。

昨年10月に長野市の千曲川決壊の現場へボランティアで入りましたが、水の威力の凄まじさ、目の当たりにして人間のなんと無力な事かと実感させられました。
何をする術もないんです、ただ逃げるだけ。
「今まで経験したことのない雨量」だとか「ただちに命を守る行動を」と気象庁は呼びかけますが、それもいまや普通のことになっていますよね。
逃げることしかできません、それも気象庁が言う前に自分の判断で、できるだけ早く。

結局はこれは人類が悪いんじゃないでしょうか。
今までの人類の何も考えていない活動が気候の変動を来たし、自然からしっぺ返しを食らっているんです。
今から対策をしたところで、手遅れでしょう。
自分たちが招いた結果です、自然に抗うことはできません。

それにしても洗濯物はどうやって乾かせばいいの、いつ乾くの。
目下の関心はそこなんですけれどねぇ、小さいなぁ。

posted by もえぎ野山荘 at 11:58| Comment(0) | 日記