2020年09月07日

台風一過

台風10号、大きな被害が無かったように思うのですが、九州はどうだったでしょうか。
今回のように気象庁が連日、注意してくださいや早めの避難をなどと発信しているときって、案外被害は大きくないんですよね。

昨年千葉県を襲った台風15号、この時は強烈な台風が來ますとは言っていたものの、あそこまでの被害になるとはだれも思っていなかったでしょう。
そこまで深刻に考えていなかった。
今回の台風10号も、被害のないに越したことはありませんが、早め早めの対策が功を奏していたかもしれません。

こういう気象庁が前もって言っているときは、大したことないんですね。

6年前の2月、朝起きたら1m の積雪、この時は笑うしかなかった。
国道20号や18号は4日間通行止め、山梨県は陸の孤島になり往来が出来ませんでした。
普段の生活に戻るのに1週間かかりましたから。

南岸低気圧の影響だったんですが、雪は降ると思っていましたが1m も積もるとは思っていないんです。
そういう時に大きくなるんです。
そういう傾向があり、大騒ぎしているときってあまり大きなことにならないと思います。
ま、大きな被害がなくて何よりでした。

で、標題の台風一過。
最近この言葉は死語になりつつあるのでは、と思います。
台風が通過した後、かえって雨が長引き天気が逆に悪くなるのではないかと思うんです。

今日も雨模様でこの後の週間天気も雨続きの予報で、これで秋雨前線を形成し秋の長雨が始まるのではないかと。
台風一過で秋晴れ〜、なんていずれ懐かしいなぁという日が来るかもしれませんよ。

posted by もえぎ野山荘 at 11:47| Comment(0) | 日記