2020年09月21日

ゴルフの費用は?

政治ネタは尽きることが無いのでいくらでも書けるんですが、そうもいかないでしょうから、今日はゴルフのお話。

新型コロナウイルスの影響で収入がなくなり、ゴルフ場でアルバイトを始めたというのは以前に書いたことがあります。
それまでゴルフ場など行ったこともなく、クラブを握ったことなどもってのほか、だったんです。
それがかれこれ5か月、なんらかんらとアルバイトを続けているんですね。

それで最近思い出したことは、ゴルフをするのにいっいたいくらかかるんだ、と言う事。
午後、コースの整備に行くと、ボールを乗せるティーってのがありますが、そういうのが捨ててあったりロストボールも何個も見つけます。
それぞれ費用が掛かっているのに、と思っているのです。

そこで先日、スポーツ用品店へ行く機会がありました。
普段は山やアウトドアのコーナーばかりへ行きますが、ちょっとゴルフのコーナーはどんな塩梅だろうと思い立ち寄ってみました。

ピンキリですが、クラブ1本10万円ぐらいするものから、バッグも5万円前後、ボールは新品だと600円ぐらい、ティーは3本入り600円するものや木製ティーは20本ぐらい入って150円といった安いものまであります。
ロストボールは、10個入って1087円で売っていました。
これにゴルフ場までの交通費や飲食費、プレー代がかかるんですよね。

お金かかりますよねぇ。
素人のプレーを見ていて、おもしろいんだろうかと思っているのですが、これだけお金をかけていれば頑張らないといけませんよね。

それに引き換え山屋の私、山へ行く交通費と行動食ぐらいの費用で一日遊んできます。
道具も、どれもこれも20年以上のものばかり。
最近その道具が壊れ出し買い換える時期に来ているのですが、真っ先に思い付くモンベルは高いなぁと思っていたら、ワークマンという庶民の味方のお店が出てきたではあーりませんか。

ワークマンの考えられた商品で十分だと思っている身分としては、高級なゴルフなどという遊びは一生縁が無いでしょう、と気づいたゴルフ場でのアルバイトですぅ。

  DSCN2205.JPG
  DSCN2206.JPG
  DSCN2208.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 13:47| Comment(0) | 日記