2020年10月08日

日本学術会議

この批判が収まりそうもありませんよね。
臨時国会が始まって野党の追及が始まっていますが、政府側はのらりくらりと前政権で培った話術でかわそうとしています。
もうちょっと野党も矛盾を突くとか、検事や弁護士出身の議員を出させて論客がいないのかなあと思います。

これ思うに、
この学術会議に入る学者さんたちは、特別職公務員なんだそうですね。
いくばくかの給料ももらえるんでしょう。
それを菅総理は、公務員のように扱ったんではないですか。

今や官僚は意のままに動きます。
気に食わない者や反対する者は更迭や左遷が待っているんですから、異を唱える者はいなくなります。
それと同じように、公務員だからこちらの言うことを聞くだろうと思って6人の学者を除外したら、思いのほか批判や反対意見が続出し本当のことを言えなくなっているんではないかと思うんです。

まあでもみんな、気に食わないから外したんだろうと内心分かっているんですが、そこがなかなか突っ込めないですよねぇ。
説明責任を果たそうとしない政権は前政権と同じですが、野党はもっと頑張れ、矛盾を付け!!
就任わずかひと月で傲慢で横暴さが出てきた菅総理、これからが見ものです。

ところで日本学術会議って何それ、何をする組織??
今回のことで、初めて知ったんですけれどぉぉ。
posted by もえぎ野山荘 at 18:15| Comment(0) | 日記