2020年10月24日

たてしな自由農園

なんかね、あぐらをかいているんじゃないですかって、思いますよ。

ウチの宿から1.5km ぐらいのところにある農産物直売所「たてしな自由農園」
朝9時からオープンするのですが、オープンと同時に100台ぐらいは止められる駐車場はいっぱいになり、その駐車場に入る車と出る車とでエコーラインは渋滞することもあるぐらいの繁盛ぶりです。

今朝ちょっとほしいものがあって覗いてみました。
レジにも何人か並んでいます。
自分の晩になりレジ横へ行くのですが、レジの女性の方はうんともすんともありません。
「いらっしゃいませ」「ありがとうございしまた。」
この言葉があると印象ががらりと変わるのですが、レジの女性にしてみれば一日中言い続けないといけないのでしょう。
途中すれ違った店員も、何も言わず。

ここのお店、今や年間の来店者が40万人をこえるそうです。
そのため営業努力をしなくても、お客さん来るんですよね。
だからレジの女性にしてみれば、またお客がやってきた、という所なんでしょう。

かつてはビーナスラインと国道299号沿いでこじんまりとやっていたのですが、今や移転し大駐車場を持って手広くやるようになりました。
メインの道路沿いにあるので、都会からの観光客の皆さんには、興味をそそるものがあります。
農産物も安いという感覚らしく、必要以上によけいに購入してしまうとか。

そのため、おごりや胡坐をかくようなところが出てきてるんでしょう。
それが店員の人たちの姿勢に現れるんです。
人のふりみて我がふりなおせ、ですね。

ちなみに地元の人間は、たてしな自由農園には行きません。
だってちょっと高いんですから、Aコープの産直コーナーで十分なんですよん。

  DSCN2282.JPG
  DSCN2283.JPG

posted by もえぎ野山荘 at 13:23| Comment(0) | 日記