2017年09月27日

日本をリセット

「希望の党」の設立会見がありましたね。
小池都知事、勝負師ですよねぇ、すごいですね。
月曜日に党名を発表すると同時に、イメージビデオも動画配信しました。
これ、準備してたんじゃないですか。
ついでに党名も2月に商標登録していたとか。

2月なんて、当の首相ですら解散なんて考えてなかったですよ。
森友問題に追われていて、それどころではなかったはず。
先の先を見越して、ちゃんと準備していたんだと思います。

ただ、新党結成はいいのですが、今までにどれだけの新党が出来ては消えて行ったことでしょう。
長続きしないんですよ。
その度に議員の整理が行われて、結局は自民党を利するだけに終わっているのですよね。そこを我々は忘れてはならないと思います。

「希望の党」、いい名前じゃないですか。
でも集まった議員の面々を見ていると、自身の選挙区で苦戦している連中が多い。
寄らば大樹の陰で、小池都知事の下に集まれば何とかなるという議員でいることが大事な人たちで、この新党で何をしたいのかってことが見えてきません。
現時点ではあまり期待値は高くないようですが、選挙までの約1か月で何が起こるかわかりませんから、策士の小池都知事、次の手を考えていることでしょう。

都知事と国政政党の代表で兼務ができるのかなど、いろいろと都議会内部からも批判が起こっています。
でも、新しいことを始めないと改革は望めなくて、自民党の古い政治体質、しがらみばかりの政治を変えていくには批判は覚悟の上だと思います。
何はともあれ、今後の活動が見ものですね。

posted by もえぎ野山荘 at 14:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]