2017年10月12日

W杯サッカー各大陸予選

今日もサッカーのお話。
W杯サッカーロシア大会の各大陸予選が佳境を迎えています。

徐々に出場国が決まりつつありますが、
南米大陸では、アルゼンチンが滑り込みセーフで出場権を獲得しました。
最終戦で勝たないと出場を逃す場面で、エースのメッシがハットトリックでなんとか予選3位に食い込みました。この試合を落とすと出場できなかったのですから、そのプレッシャーはすごかったでしょう。

その上の大陸、北中米カリブ海予選では、なんとアメリカが出場を逃しました。
7大会連続で出場しベスト8まで行ったこともあるアメリカだったのですが、予選5位で落選。

ヨーロッパでも、あのオランダが出られないんです。
2010年南アフリカ大会では準優勝したチームなのに、予選3位で出られないんです。
イタリアですら予選1位になれなくて、2位でプレーオフに回りました。
その反面、人口30万人余りの小国アイスランドが初出場。

6大会連続で出場している日本代表は、今回も予選1位で通過。
埼玉の試合で負けたオーストラリアがまさかの3位でプレーオフに回り、今度は北中米予選4位のホンジュラスと大陸間プレーオフをします。
アジアで2位までに入らないと、とんでもない試合をする羽目になるんです。

怖いですよねぇ。
W杯って強豪国でも、出場できる保証はないのですね。
なんか日本代表はW杯に出られるのは当たり前みたいな雰囲気がありますが、決してそんなことはなく簡単ではないのですよ。
そう思うと、批判ばかりしているのはどうですかねぇ。
でも批判も必要だと思いながら来年始まるW杯、わが代表を応援しようと改めて思った次第です、ハイ。





posted by もえぎ野山荘 at 16:07| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]