2017年12月15日

せっせとせっせと

山肌から煙が上がっています。
"山火事か"って思いますが、実はこれ、スキー場の人工雪を作っている風景。
朝7時すぎに、このところは毎朝見られます。

富士見パノラマスキー場の下部にあたる一番標高の低いところですから、未だまとまった雪の降っていない里では、毎日のように人口降雪機が必要なんですね。
気温が氷点下でないと使えないそうですから、このところの冷え込みでは十分でしょう。
なにしろ毎日−7〜8℃ぐらいですから、寒いもんです。

生活するには雪のないのは楽なんですけれど、雪をあてにしている人たちともいて難しいもんです。
かく言うわたくしも、スノーシューやらスノーハイクを催行するうえでは、雪があった方がいいなぁ。
過去2年は雪少なかったですからねぇ、今年は降ってくれぃ!!

  CIMG5966.JPG
  CIMG5967.JPG
posted by もえぎ野山荘 at 18:07| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]