2018年01月30日

野鳥たち

庭へ出る下駄箱の上にヒマワリの種を置いておくと、野鳥が集まります。
冬場は餌がないため先を争って食べにくる感じですが、このところ野鳥が少ないと感じています。

5,6年前は様々な鳥がやってきました。
イカルやカケス、シメなどあまりなじみのない鳥も来たんですが、最近は珍しくもない鳥ばかり。
珍しくないといえば野鳥たちに怒られそうですが、でも自然界でなにか変化が起きているんでしょう。寄ってくるのは留鳥ばかりなんですから。

今冬は渡り鳥であるミヤマホウジロが見られないんです。
スズメをひと回り大きくしたぐらいの大きさで、よくこの体で渡ってくるなぁと思う鳥。
今冬は全く見られません。

下駄箱の上に置いたヒマワリの種も、10日ぐらい野鳥が全く寄り付きませんでした。
例年なら気付かれるのに2,3日もあればいいのですが、今冬は時間がかかりましたねぇ。
部屋に居ながらにしてバードウォッチングができなくなるのも、時間の問題かもしれません。

  DSC_1296.JPG 
  ヤマガラ(手前)とカワラヒワ
  DSC_1307.JPG 
  シジュウカラ(手前)とコジュウカラ
  DSC_1312.JPG 
  コガラ(左)とカワラヒワ

 
posted by もえぎ野山荘 at 11:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]