2018年02月16日

王者の復活

すごいわ、すごいっ、圧巻の演技でした。
絶対王者の復活、異次元の演技で見る者を感嘆させましたね。

今日行われた平昌オリンピックフィギュア男子ショートプログラム。
羽生選手は完璧な演技。
11月に怪我をしたときには、オリンピックに間に合うのか、試合勘はどうなるのかなどなど論評が繰り返されましたが、そんなものを1回の演技でみごとに払拭し観衆を引き込んでしまいました。
魅せましたよねぇ、見る者を黙らせてしまったんですから。

平昌入りしてからの記者会見などでは、強気の発言が見られました。
アスリートというのはポジティブな発言をしないととは思いますが、それでも大丈夫かってみんな思っていたはず。
それをたまらせてしまったんですから、強い王者が戻ってきました。
この精神力、メンタル面はどこからくるのでしょう。
明日のフリーが楽しみになりましたね。

惜しむらくは観客の入り。
ところどころに空席があり、このフィギュアスケートでも満員にならないのって思います。今回のオリンピックは、他の競技でも空席が目立つますよね。

前半は北朝鮮に踊らされ政治利用された挙句にこの観客の入りでは、あまり韓国国内では盛り上がっていないのではと思います。
フィギュア会場は日本人ばかりで日の丸が目立ちました。

なにかと運営に不手際が目立ち自然の影響を受け、アスリートファーストであるにも関わらず競技開始時間がとんでもない時間では、盛り上がりにも欠けますか??


posted by もえぎ野山荘 at 15:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]