2018年04月13日

富士見町のサクラ

隣町の富士見町では、シダレザクラが何か所かあります。
そのシダレザクラを久しぶりに見に回ってきました。

主に中央線の信濃境駅周辺にあるもので、すぐ小淵沢になりますから原村からはちょっと遠い。
高森観音堂のシダレザクラ、田端のサクラ、葛窪のシダレザクラや境小学校のサクラ並木などなど。

今ホームページのトップ写真に挙げているのが、葛窪のシダレザクラの写真です。
樹齢200年ぐらいらしく、結構古木だと思いました。
その向こうに甲斐駒ケ岳があって、なんとも絵になりました。
ソメイヨシノは200年ももたないんですね、古いサクラはシダレザクラやヒガンザクラばかりです。

それにその木の下には、必ずと言っていいほどお墓があります。
昔の人は、どうして桜の木の下にお墓をおいたのでしょうか。
何か意味があるんでしょうか。

ところがところが、こういう話をしてきて写真がわずかしかありません。
というのは、写真をパソコンに取り込むとき、カメラを携帯電話の上に置いてしまったんですね。
そのため、パソコンが認識できなくて初期化するハメになりました。
おかげで今まで撮りためた写真は全部パァー、なんということ。
幸い一眼レフカメラでしたから、普段あまり使わないので大したことありませんでしたが、それでもちょっとショックです。

これ、たまにやりませんか?
銀行の通帳の上に携帯を置いて磁気が読み取れなくなったり、気をつけているつもりですが、今回は普段あまり使わない一眼レフだったためにおこりました。

ということで、わずかな写真をご覧くださいマシ。

  DSC_1396.JPG 葛窪のシダレザクラ
  CIMG6424.JPG 高森観音堂のサクラ



posted by もえぎ野山荘 at 10:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]