2018年04月18日

疑惑のもぐらたたき

ちょっと今日は、政治の話をせざるをえないです。
このごたごたぶり、なんという体たらくでしょう。
そろそろ政権末期の様相を帯びてきました。

昨日、立憲民主党の辻本清美議員がうまいことを言っていました。
防衛省の日報や財務省の文書問題を受けて、「疑惑のもぐらたたきや」と。
次から次へと、いろいろな問題が噴出してとどまるところが見えませんよね。
それをもじってこういったのですが、こういうことを言われるんであれば、最後まで知らぬ存ぜずで押し通せとも思います。
途中で、実はこうでしたというから立場が悪くなるんですよ。
それが嫌なら初めから本当のことを言えって、とも思います。

財務次官のセクハラ疑惑、首相秘書官の発言など、みんなウソだとわかっているではありませんか。
こういうことをやっている人たちは、みーーんな東京大学卒。
事務次官も理財局長も、昨日何のために記者会見を開いたかわからない新潟県知事も、みーーんな東京大学卒。
先の自民党議員ではないですが、バカか??ですよ。
日本の最高学府を卒業して何をしているのか。

どうしてか、経験がないのですね。
人生、勉強しかしていないのです。だから世間の感覚とはかけ離れ、ずれているんだと思います。
官僚に日本は滅ぼされるかもしれません。
その官僚を送り出している東京大学、「諸悪の根源」じゃないですか。

その行政のごたごたをしり目に、さっさと日米首脳会談のために訪米した首相は夫人と一緒に「逃避行」。
日本の喧騒から離れ、ほっとしていることでしょう。
こちらも「諸悪の根源」ですぅ。



posted by もえぎ野山荘 at 14:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]