2018年05月23日

アメフト タックル問題

少々長くなりますが、今日はこの話。

昨日の日大の選手の記者会見、見ましたか。
すごいですよね、顔を出さない謝罪はない、という考えから実名で会見に応じました。
立派な態度だったと思います。

若干二十歳の若者が、大勢の報道陣を前に朴訥ではありましたが、正直に誠実に質問に答えているように思いました。
たったひとり、どれだけの覚悟と勇気をもって会見を開いたのか。
その胸中、察するにあまりあると思います。

彼の行ったことは、責められることで非難されるべきことです。
でもこの会見を行ったことで、彼はアメフト部はもとより日大にも籍を置くことが難しくなるかもしれません。今後の人生に影響があるかもしれません。
でも、そんなことよりも真実を話そうと思ったのでしょう。
良心の呵責に耐えられなくなったのかもしれません。

それよりも、日大の対応です。
会見後に玄関前に押し寄せた報道陣に、広報課長は法人としての応対はない、というようなことを言っていました。
何をかいわんや、です。
その対応のまずさが今回のことを大事にしているのですが、それがまだわからないんでしょうか。

試合後すぐにでも関学チームに謝罪に行っていれば、ここまで大きくならなかったですよね。
前監督が、ようやく重い腰を上げたのが先週の土曜日。
伊丹空港で記者団に囲まれ、やっと取材に応じたというもの。
その時、ネクタイの色を見て謝罪に行く格好かって思いました。ピンクのネクタイはないやろ、と。
それに俺は悪くない、選手が勝手にやったという態度がありありです。
挙句に、かんさい学院大学と言い間違えることしばしば。
口では真摯にと言っておきながら、全くそんな感じはなかったです。

周りにいう人がいないんでしょうね、羽田空港ではピンクのネクタイも言い間違えもなかったですが。
今回の出来事は、前監督にとってそれぐらいの認識でしかないんです。

二十歳の青年がたった一人、大学側からのサポートもなく100人以上の報道陣の前に座らされ、選手一人に責任を押し付けようとしている日本大学。
ボールは、選手からも大学側に投げられました。
今後の対応を誤れば、アメフト部の存続そのものに影響してくるということが分かっているでしょうか。

関学側に提出されるという、明日の文書が見ものです。






posted by もえぎ野山荘 at 09:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]