2018年05月24日

日大の記者会見

昨夜急遽行われた日大アメフト部前監督とコーチの記者会見、新たな火種を残しました。この問題、解決するんでしょうか。

おとといに選手が開いた会見に対して、急場で開催されたのが否めず、準備が間に合っていませんでした。
質問と答えが、かみ合わないんですよ。
何のための、誰のための会見だったのか。
こんなんだったら、開かなかった方がマシ。

こうなると言葉の解釈の受け取り方の違いですね。
追い詰められていた選手はけがをさせろと理解し、言った方はそういう意味ではないと。
そういう意味でないんだったら、ちゃんと選手に理解させなければなりません。
それができないのでは、指導者としての力量不足。

監督は絶対だったようですから、そういう組織では遅かれ早かれこういう問題は起こったでしょう。
いかにも昭和的な考えでは、今の時代では続きません。

そして、会見終盤に出て来た年配の広報の職員の言動。
記者団とのやり取りで、これが日大の体質なんだと分かりました。
今まで後手後手に回っていた日大の対応が、この広報職員のやり取りで理解できました。

まったく内向きなんですよ、守るべきは自分たちの組織であって学生ではないんです。
たった一人で記者会見した選手の勇気と覚悟を見習えって、誰か言わないのかのぉ。
危機管理学部があるらしいですが、そこの教授に聞けばいいじゃないか、
看板倒れです。

袋叩きにあっている前監督は今日から心労でさっさと入院、逃げられていいねぇ。
どこかの政治家と一緒だわ・・・。



posted by もえぎ野山荘 at 09:58| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]