2018年05月27日

ベニバナイチヤクソウ

隣の土地の林床に、ベニバナイチヤクソウが咲いています。
子供が小学生低学年の時に、サッカーをやっていてボールが入っていったときに偶然発見しました。
こんなところにこんな花が咲いているとは、びっくりしました。

山を歩いていても、そんなに頻繁には見られない花だからです。
その花が、お隣の土地に咲いていたもんですから、びっくりしたんです。
それからは、毎年この花が咲くのを楽しみにするようになりました。

その当時からは、群落も大きくなっていてだんだんと増えています。
樹林帯の日陰を好む花ですから、ある程度の条件が必要です。
が、どうしてこんなところに咲いているのか。
その始まりを知りたいですよね。

ベニバナというだけあってシロバナもあるのですが、それは未だ見たことはありません。
この花も本来は6月の花、やっぱり今年は何もかも早いですね。
入笠山のスズラン祭りは今日からはじまったそうですから、お早めに。

  CIMG6550.JPG
  CIMG6551.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 11:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]