2018年06月01日

代表メンバー発表

一昨日のガーナ戦をうけて代表メンバーが昨日発表されましたが、なんらサプライズはなかったですよね。
むしろ若手が入らなかったので、落胆でしょうか。

平均年齢が29.3歳と、過去最高の年齢だそうです。
まさしく年功序列の選出。
これで結果が出なかったら、W杯後に代表は総入れ替えでしょう。

それに今回のW杯が、年齢的にも最後という選手が何人もいます。
30歳以上の選手が8人もいるそうですから。
そういうことを考えると、20代初めの若手である井手口選手や浅野選手を選んでおかなければなりませんでした。
例え試合に出ることがなくても、W杯の舞台を経験させておくことで次の世代につながるんですよ。

ハリルホジッチ前監督の功績は、この世代交代を促進し若手を起用したことだと思います。
現にW杯出場を決めた昨年のオーストラリア戦では、先の二人は活躍しました。
活躍したのに選ばれないとなれば、サッカー界全体に閉塞感や停滞感が生まれてくると思います。

そこは監督の思考ややり方なんで仕方のないところもありますが、それだけに結果が出なければ代表監督の責任は重くなりますよね。

今回のW杯はも、なんか盛り上がりに欠けますよね。
高揚感がありません。
この数か月の代表の試合でも勝てないし、メンバー発表でも驚きも何もなくやってくれそうと思わないですから。

W杯出場国で「最弱国」の日本代表。
昨日も言いましたが、今回のW杯は終わったぁぁ。期待もなにもないわ。
さてさて、どうなりますことやら・・・?




posted by もえぎ野山荘 at 09:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]