2018年07月05日

牛丼の吉野家

ええ〜、そろそろサッカーの話はやめにしようと思います。
いくらでも書くことはあるのですが、本日日本代表も帰国しますし、8強も出そろって毎日試合もなくなりましたし。

ということで、ガラッと変わって今日は牛丼の吉野家のお話。
まぁ珍しくもないんですが、諏訪には吉野家が無かったんですよ。
それが諏訪インター近くに昨日、新店舗がオープンしたようです。

数週間前に前を通ると、何かファストフードのような店を作っているなぁと思いました。
単なる空き地だったところに、駐車場を作ってドライブスルーのような感じでしたから。それが牛丼の吉野家だったんです。

いや、うれしいですよねぇ。
すき家は2軒あったんですが、今まで諏訪には吉野家がありませんてした。
松本か甲府まで行かないと食べられなかったんですね。
そうまでして食べに行くものでもないですし、何かのついでの折に入ろうというもの。

それがいつでも食べられる、というようになったんです。
いやね、嬉しいですわ。
僕らの世代では、牛丼と言えば吉野家なんです。
昭和50年代、「はやい〜、うまい安いの三拍子〜、牛丼一筋〜80年〜」というテレビCMで一世を風靡し、マクドナルドと並んで日本の食を変えたわけです。
だからどちらかと言えば、すき家や松屋よりも多少高くても吉野家なんですよ。

海外から帰国してバスタ新宿から高速バスで帰ってくるとき、西新宿1丁目の交差点のところに吉野家があるんですね。
これはもう引き付けられるように入ってしまい、気がつけば「牛丼大盛りひとつ」と注文しているんです。
この店の前を素通りすることは不可能・・・?
いやこれがうまいのなんのって、日本へ帰ってきたぁぁぁと思う瞬間でもあります。

そういう吉野家が諏訪にできた、うれしいっすわ。
でもいつでも行けると思うと、さてさて、一体いつ行くんでしょうかねぇ。

  CIMG6713.JPG


posted by もえぎ野山荘 at 09:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]