2018年07月19日

観測史上最高

昨日の原村での最高気温、33.7℃で観測史上最高だったそうです。
33℃ぐらいで観測史上最高って言っているようでは、40℃を越えているところがあるのでニュースにもなりませんが。
ただ、冬場−15℃ぐらいになることを考えれば、その寒暖差50℃ 近く。
東京の冬場の最低気温を−1〜2℃とすると、換算すれば45度ぐらいになるんですよ。
ということは、原村ではむっちゃ暑いってことだと、理解していただきたい。

それにしても暑いですよねぇ。
この高原にあってもクーラーがいるのではと思い始めました。
この分だと、数年後にはほんとにクーラーをつけないとならないかもしれません。

ただ幸いにも家の中は30℃までいかなくて、湿度も60パーセントぐらいで扇風機も必要なく過ごしやすいのが、この高原のいいところでしょうか。

冬場の−15℃がいいのか、夏場の35℃ がいいのか、考え方の違いですが僕は冬寒いのがいいなぁ、夏の暑さは我慢できませんから。
みなさん、この猛暑の夏を我慢しましょう、ってもうそういうレベルではありませんね。

  CIMG6739.JPG
  最低気温が20℃ぐらいなので、ぐっすり寝られます。
  伊那の37.2℃も観測史上最高だったそうです。
  

posted by もえぎ野山荘 at 10:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]